eラーニング

LearnO:ソーシャル機能でモチベーションを高められるeラーニングサービス

eラーニングサービス「LearnO(ラーノ)」は、動画やスライドショーで学ぶ。小テストや成績分析が可能。ほかの学習者の進ちょくをチェックしたり、メッセージをやり取りしたりできる。

 Mogicの「LearnO(ラーノ)」は、PCやスマートフォンから利用できるeラーニングサービス。動画やスライドショーで学び、小テストや成績分析ができる。ほかの学習者の進ちょくをチェックしたり、メッセージをやり取りしたりするソーシャル機能も備える。

 eラーニングコンテンツの制作テンプレートを備えており、担当者は自社のロゴ画像、テキスト、画像、PDF、動画などを管理ツールからアップロードすれば、eラーニングを開始できる。動画プラットフォームには米Brightcoveの「Video Cloud」を採用。一つの動画素材だけでPCのほかにタブレットやスマートフォンに動画を配信できる。

 サービスの操作は、メールやSNSなどのなじみのあるツールと類似させており、学習者に使いやすくしている。さらに、「気になるボタン」で自分のライバルを設定して学習の進ちょくをチェックしたり、「つぶやき」やユーザー間のQ&A機能といった、学習者のモチベーションを高められるソーシャル機能を提供する。コメントやつぶやきの内容が不適切な場合は管理者が削除できる。

 画面デザインとして9色を用意し、職層や個人に合わせて提供できる。サービスの導入プランとして、動画なしスライドとテスト機能を備えた「ライト」、動画込みスライドとソーシャル機能を備えた「スタンダード」、自社オリジナルの機能やデザインを追加できる「カスタム」がある。

 セキュリティ対策として、同時に同一アカウントでのログインの禁止、同一ページの閲覧数の制限、不正ログイン回数の把握、動画コンテンツの著作権保護などの機能を装備。教材をダウンロードして不正に流出するのを防ぐ。

LearnOの画面(Mogic提供)
LearnOの画面(Mogic提供)
LearnOの概要
用途と機能PCやスマートフォンから学習できるeラーニングサービス
特徴動画やスライドショーで学び、小テストや成績分析ができるほか、ほかの学習者の進ちょくをチェックしたり、メッセージをやり取りしたりするソーシャル機能を備える
クライアント環境PC、スマートフォン、タブレット
税別価格ライトが500人利用の場合で月額5万円、スタンダードが2000人利用の場合で月額36万円、など
発表日2012年3月27日
導入企業琉球大学おきなわクリニカルシミュレーションセンターなど

「eラーニング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]