ストレージ

メモリとの関係が変わる未来--オールフラッシュストレージ座談会(5)

アレイのすべてをSSDにする「オールフラッシュストレージ」が相次いで市場に投入されている。HDDとSSDのハイブリッドではなくオールフラッシュにすることで高速化するストレージは何をもたらすのか――。製品ベンダー5社が集まり、各社の見方などを語った。

  ストレージをオールフラッシュにすることで、社内のITやビジネスの何が変わっていくのか。フラッシュストレージに関わるベンダー5社に集まっていただき、座談会を開催した。今回は最終回。参加したのは以下の5人。(第1回第2回第3回第4回

  • ソリッドファイアージャパン 技術部長 松浦敦氏
  • 日本IBM ストレージ・システム事業部 ビジネス開発 今井達也氏
  • EMCジャパン XtremIO システムエンジニア 水落健一氏
  • 日本ヒューレット・パッカード プリセールス統括本部 ストレージ技術本部 ストレージ技術2部 シニアITスペシャリスト 岩野義人氏
  • ピュア・ストレージ・ジャパン SE部長 志閒義治氏

ストレージから浮かび上がる新技術

――今後の展望についてですが、注目しているテクノロジはありますか。


EMCジャパン XtremIO システムエンジニア 水落健一氏

水落氏 たとえば、フラッシュメモリがHDD(ハードディスクドライブ)を駆逐するのかということがよく議論されると思うのですが、個人的にはそうは思わなくて、適材適所だと思います。ディスクはディスクで残ると思います。お客様はフラッシュメモリを使いますが、HDDの使い道も意外と考えています。ただ一般的には、コンシューマー向けPCはフラッシュメモリが急速に普及していますし、ラップトップはほぼすべてフラッシュメモリですよね。

 今さらHDDを買う人はいないですし、もっと身近なところでいくとスマートフォンなんていうのは全部フラッシュメモリになっていて、もう、HDDの世界ではない。そういった流れが企業ITにもきます。お客様もHDDの使い道を考えていますので、完全に駆逐するかはノーだと思うのです。

 少し毛色が違うのですが、バックアップやリストアの際、低速なストレージでもいいというところはハードディスクが残る領域だと思います。そういう部門をみてみると、結構バックアップを厳重に取っているが、有事の際にそのバックアップを使わないという顧客が結構います。私がお話している顧客も、結局バックアップからリストアが必要になったが、リストアに時間がかかるから使わないんだというお客様が数人いて、何のためのバックアップなんだということになります。

 そもそもバックアップ自体を考えると無駄なリソースが結構あります。これは実は顧客の意見で、それは本来的な意味のバックアップじゃないという話になります。そこをフラッシュメモリと紐付けて考えてみると、極端な話ですが本来やっていたバックアップは要らないのではないかと考えることもあります。

 例えば「XtremIO」にあるコピー機能「Virtual Copy」のような、デメリットが少ないものを使えば、そもそもバックアップをなくすことができるのではないかと。そこからつながっていくテクノロジ、たとえば2年くらい前からIBMさんがやっているような、フラッシュメモリとテープでデータを管理する“FLASH+TAPE=FLAPE”ですね。アーカイブやバックアップという領域から、さらにアーカイブを突き詰めると、やはりディスクベースのアーカイブというのは金額でテープに追いつかないものです。そういったFLAPEのある世界というのは、今日のキーワードとして出たビッグデータに非常に有効なのではないかと考えます。

 やはり単価ということでいくとテープはまったくディスクの先を行っていますので、高速のフラッシュストレージをプライマリにして、バックアップは要らないことになります。テープの速いところでアーカイブを持たせるといったようなことはビッグデータの領域では非常にニーズのある話なのではないかということは考えます。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]