DWH 日本ユニシス

MartSolution:ウィザードでデータマート生成するデータ分析環境構築支援ツール

データウェアハウスを対象とした統合的なデータ分析環境の構築支援ツール「MartSolution」は、ITの専門知識がない一般ユーザーでも分析処理を実行できる。

 日本ユニシスの「MartSolution」は、データウェアハウス(DWH)を対象とした統合的なデータ分析環境の構築支援ツール。統計やITの知識がない一般ユーザーでもDWHの分析処理が実行できるようになることが特徴である。

 MartSolutionは、データマートを生成する「MartBuilder」、ポータルサイトを構築する「MartPortal」、レポーティングツールである「MartBrowser」、データの簡易エントリツールである「MartEntry」で構成する。

 MartBuilderは、DWHに含まれるデータベースからデータマートを構築するためのツール。ウィザード形式でプログラム(SQL文)を自動生成してデータマートを生成する。データ間の連携などは、ドラッグ&ドロップやポイント&クリックなどのマウス操作で設定できる。登録した情報はサーバで一元管理する。

 MartPortalは、ウェブブラウザから閲覧できるポータルサイトを構築するためのツール。エンドユーザー単位、部門や役職ごとに見るべき情報や利用可能なメニューを設定できる。いつ誰がどのような情報を閲覧したのかといったログを記録する機能も備える。

 MartBrowserは、定型的な分析処理を実行するためのツール。あらかじめ登録した定型データを簡単な操作で検索できる。処理結果をExcelやPDFのファイルとしてダウンロードすることも可能だ。

 MartEntryは、ウェブブラウザからデータベース上のデータを登録、メンテナンスするためのツール。専用のクライアントソフトを配布しなくてもよいことが利点である。Excelのデータをコピー&ペーストしたり、ファイルのデータをアップロードしたりできる。

MartSolutionの製品構成
MartSolutionの製品構成(ユニシス提供)
MartSolutionの概要
用途と機能 DWHを対象とした統合的なアナリティクス環境の構築支援ツール
特徴 ウィザードやマウス操作でデータマートを構築できる。統計やITの知識がない一般ユーザーでもDWHの分析処理が実行できる
動作環境 【MartBrowser、MartEntry、MartPortal】
ウェブ/アプリケーションサーバ:Windows Server 2008/2012、IIS 7.0/7.5/8.0/8.5、.NET Framework 4.5.2/4.6
データベースサーバ:SQL Server 2008/2012/2014、Oracle Database 11g/12c、PureData System for Analytics(旧Netezza)、JBoss Data Virtualization 6、Vertica Analytics Platform 7
クライアント:Windows Vista/7/8.1/10、Mac OS X、Internet Explorer 9/11、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari 8/9、Excel 2007/2010/2013/2016(Excel出力時)、Adobe Reader XI、Adobe Acrobat Reader DC(PDF出力時)
【MartBuilder】
データベースサーバ:SQL Server 2008/2012/2014、Oracle Database 11g/12c
クライアント:Windows Vista/7/8.1/10、.NET Framework 4.5.2/4.6、DBMSクライアント
税別価格 個別見積もり
導入企業 花王カスタマーマーケティング、サミット、サイゼリヤ、ライフコーポレーション、キッコーマンなど

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]