勤怠管理・労務管理

SmartHR:書類を自動作成して申請できる労務手続き支援SaaS

社会保険や雇用保険など労務関係の手続きを支援するSaaS「SmartHR」は、従業員と扶養家族のプロフィールなどの情報を一元的に管理し、必要な書類を自動的に生成する。

SmartHRのポイント

  • 従業員から情報を収集、社会保険や雇用保険などの書類を自動で作成
  • 従業員と扶養家族などの人事情報を一元的に管理
  • 電子政府の外部連携APIと連携してオンラインで申請

SmartHRの製品解説

 SmartHR(旧クフ)の「SmartHR」は、社会保険や雇用保険など労務関係の手続きを支援するシステムをSaaSとして提供する。労務関係の書類を自動作成し、公的機関への申請もオンライン化できる。PCやスマートフォン、タブレットのウェブブラウザから利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 必要な情報を担当者が集めるのではなく、従業員からダイレクトに情報を収集。自動で社会保険や雇用保険などの書類を作成してくれる。手続きに関する情報を従業員と共有する「チーム」機能も備えている。従業員ごとに「マイページ」を設定する機能で、このページ上で扶養の追加や住所変更などを申請できる。

 入社時には、このページで基本情報や各種申請に必要な情報を従業員自らに入力してもらうことが可能になる。給与明細や雇用契約、年末調整まですべての作業がウェブ上で完結するため、手続きのペーパーレス化が促進できる。

 従業員と扶養家族のプロフィールやステータスといった人事情報を一元的に管理する。入社や退社、扶養家族の追加と削除、住所変更、報酬月額の変更などが発生した際に年金事務所やハローワーク、健康保険組合・協会といった機関へ提出する書類を自動的に生成する。

 生成した書類はPDFファイルとしてダウンロードできる。総務省が提供する電子政府「e-Gov」の外部連携APIと連携することでウェブページ上から役所へオンラインで申請できる。変更履歴も管理する。

 複雑な手続きをToDoリスト化する機能も備える。これに従って、処理を進めていけば手続きが完了する。自社の状況に合わせて、リストをカスタマイズすることも可能だ

SmartHRのまとめ
用途と機能社会保険や雇用保険に関する労務手続きを支援するクラウドサービス
特徴入社時に基本情報や各種申請に必要な情報を従業員自らに入力。変更などが発生した際に年金事務所やハローワーク、健康保険組合・協会といった機関へ提出する書類を自動的に生成。複雑な手続きをToDoリスト化
税別料金(年間一括払い換算、従業員1人あたり月額)
1~10人:無料
1~50人:550円
導入企業DMM.com、和光、マテリアルグループ、キオラガーデン、弁護士ドットコムなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]