POS

POS+:スマホを端末にするクラウドPOS、データを共有--時間帯で予実を分析

POSの機能をクラウドで提供する「POS+」は、端末としてスマートフォンやタブレットを利用する。入力されたデータはクラウド経由でほかの端末と共有される。店内の注文や売り上げも管理できる。

 インテリジェンスビジネスソリューションズの「POS+(ポスタス)」は、小売業や飲食業での利用を想定したクラウド販売時点情報管理(POS)。注文入力や会計処理の端末としてスマートフォンやタブレットを利用する。

 スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールすることで、注文入力のハンディ端末や会計処理の端末になる。iOSとAndroid向けに専用アプリを提供している。

 端末に入力されたデータはクラウド経由でほかの端末と共有される。店内の注文や売り上げを管理できることに加えて、勤怠やシフトが人件費予算と実績へ反映される。

 売り上げを時間帯ごとに管理する機能も備えており、店長が時間帯ごとに予実対比を分析することも可能だ。メニューのカスタマイズもタブレットから処理できる。

 既存のPOSシステムやプリンタ、ドロアーなどと連携する機能も備えている。多言語多通貨にも対応しているので、海外の店舗へも導入できる。

 本社の担当者が全店舗を管理する機能も備える。PCやタブレットから本社専用サイトにログインすることで全導入店舗の入力データを一元管理できるほか、店舗ごとの売り上げを全店舗と比較しながら分析できる。

POS+
POS+の概要
用途と機能 スマートフォンやタブレットを端末として利用できるクラウドPOS
特徴 店長や本社の担当者向けの分析機能も搭載する
税別価格 【初期費用】POSレジ単体の設置費用:16万8000円、ハンディ・キッチンプリンタの設置費用:5~10万円程度
【利用料】POSレジシステムの利用料:月額1万2000円、ハンディ利用料(最大5台):月額4000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan