NAS SAN フラッシュストレージ

2016年春、最新のストレージ製品の選び方(2)--仮想化とクラウド

ストレージの最新動向を解説する特集の第2回。今回は、クラウド編と題して、仮想化とクラウド関連のストレージ事情を取り上げる。

パート1:クラウドコンピューティング編

 まずは、クラウドと仮想化におけるストレージの進化について見ていこう。コンピュートノードの仮想化は、vSphereやKVM、Hyper-Vを利用することで運用が格段に楽になった。しかし、演算だけできてもデータを柔軟に管理できなければ十分なメリットを享受できない。では、仮想化とクラウドに対応するストレージには、どのようなものがあるのだろうか。

VMware

 「VMware Virtual SAN」(VSAN)は、VMwareが提供するソフトウェア定義ストレージ(SDS)である。x86サーバを利用してハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)をプール化し、単一のデータストアを構築する。これまでデバイス単位でしか管理できなかったストレージを、アプリケーション単位、ポリシーベースで管理できるようになる。

 実際に、VMwareの強みはvSphereとVSANが統合されている点にある。vSphere Web Clientから仮想マシンとあわせてストレージも管理できるためだ。また、クラスタを横断したストレージプールも設定可能なため、簡易的な災害復旧(DR)対策にもなる。

 VSANは、EMCが先日発表したハイパーコンバージド製品「VCE VxRail」でも採用されており、EMCとVMwareの連合においても大きな期待がかかっている。またパブリッククラウドとの連携も強化されており、クラウド型のオブジェクトストレージ「Amazon Simple Storage Service(S3)」などへのオフロードもスムーズにできるところが強みだ。

EMC

残り本文:約1695文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]