ストレージ

2016年春、最新のストレージ製品の選び方(2)--仮想化とクラウド

ストレージの最新動向を解説する特集の第2回。今回は、クラウド編と題して、仮想化とクラウド関連のストレージ事情を取り上げる。

パート1:クラウドコンピューティング編

 まずは、クラウドと仮想化におけるストレージの進化について見ていこう。コンピュートノードの仮想化は、vSphereやKVM、Hyper-Vを利用することで運用が格段に楽になった。しかし、演算だけできてもデータを柔軟に管理できなければ十分なメリットを享受できない。では、仮想化とクラウドに対応するストレージには、どのようなものがあるのだろうか。

VMware

 「VMware Virtual SAN」(VSAN)は、VMwareが提供するソフトウェア定義ストレージ(SDS)である。x86サーバを利用してハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)をプール化し、単一のデータストアを構築する。これまでデバイス単位でしか管理できなかったストレージを、アプリケーション単位、ポリシーベースで管理できるようになる。

 実際に、VMwareの強みはvSphereとVSANが統合されている点にある。vSphere Web Clientから仮想マシンとあわせてストレージも管理できるためだ。また、クラスタを横断したストレージプールも設定可能なため、簡易的な災害復旧(DR)対策にもなる。

 VSANは、EMCが先日発表したハイパーコンバージド製品「VCE VxRail」でも採用されており、EMCとVMwareの連合においても大きな期待がかかっている。またパブリッククラウドとの連携も強化されており、クラウド型のオブジェクトストレージ「Amazon Simple Storage Service(S3)」などへのオフロードもスムーズにできるところが強みだ。

EMC

残り本文:約1695文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]