ワンタイムパスワード

認証道:被害想定額にあわせた料金体系のワンタイムパスワード認証サービス

ワンタイムパスワード認証サービス「認証道」は、スマートフォンであれば、ワンタイムパスワードを生成するアプリケーションでハードウェアトークンと同等の機能という。被害想定額の大小を設定し、それにあわせた料金体系を採っている。

 アイピーキューブの「認証道-AuthWay-」はクラウド型のワンタイムパスワード認証サービス。企業ブランドの失墜、業務停止による損害、システム修復のためのコスト、重要データ流出による損害、損害賠償といった被害想定額の大小を設定し、それにあわせた料金体系を採っていることが特徴だ。

 ワンタイムパスワードを生成する装置である「トークン」が、ログインの都度ワンタイムパスワードを自動生成して表示するため、利用者はパスワードを覚える必要がない。

 ハードウェアトークンは有料だが、ソフトウェアトークンは無料で利用できる。スマートフォンを使う場合は、ワンタイムパスワードを生成するアプリケーションをインストールすることで、ハードウェアトークンと同等の機能を実現できる。トークンを使わずに、メールでワンタイムパスワードを配信して利用できる。

 インターネットを経由して、認証道サービスセンターにあるワンタイムパスワード認証サーバにLDAPで接続し、認証を要求する。 認証道サービスセンターと自社サーバの間を仮想私設網(VPN)で接続することも可能だ。

認証道の概要
用途と機能クラウド型のワンタイムパスワード認証サービス
特徴企業ブランドの失墜、業務停止による損害、システム修復のためのコストなどの被害想定額の大小を設定し、それにあわせた料金体系を採っている
税別価格個別見積もり。大企業で利用する際に300人分のハードトークンと200人分のソフトトークンを使う場合で月額ソフト料金が10万円、サーバ料金が月額3万5000円、トークン購入費が69万円。大学で教授、職員用に50人分のソフトトークンを利用する場合で月額ソフト料金がが1万5000円、サーバ料金が月額1万円
導入企業インテック、ウフル
現行版の提供開始日2016年1月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]