SDN/ネットワーク仮想化

実用フェーズに到達したSDN--NSX、ACI、BCFの特徴を比較する(後編)

最終回となる今回は、「VMware NSX」「Cisoc ACI」「Big Switch Networks BCF」を運用性、拡張性、ネットワークの可視化、既存ネットワークとの親和性という4つの観点で特徴を比較する。

 この稿では前編に引き続きSDNの「VMware NSX for vSphere(NSX)」、「Cisoc ACI(ACI)」、「Big Switch Networks Big Cloud Fabric(BCF)」の3つについて、「ネットワークの可視化」「既存ネットワークとの親和性」という観点で特徴を比較する。

ネットワークの可視化

 SDN環境ではコントローラによってネットワークを集中管理するため、コントローラにネットワーク可視化機能が実装されている。それぞれのソリューションにおいて、ネットワークを可視化するために、どのような機能が実装されているのかを説明する。

(1)NSX - フローとトポロジの可視化

 NSXには「フローモニタリング」や「トレースフロー」と呼ばれる機能が実装されており、論理ネットワーク内のトラフィックを可視化できるようになっている。フローモニタリング機能を利用すれば、仮想マシンがどのような通信を行っているのかをフロー単位で確認することが可能だ。また、NSX 6.2で追加されたトレースフロー機能は、NSX環境の仮想マシン同士がどのようなコンポーネントを介して通信しているのか詳細を表示することが可能だ。この機能を利用すれば、通信に問題が発生した場合に、調査すべき箇所を簡単に認識できる。

【図】NSXのトレースフロー機能
NSXのトレースフロー機能

 一方、NSX自体には論理ネットワークトのポロジーを可視化するための機能は実装されていない。しかし、この不足点はvRealize Operations Manager(vROps)を利用して解決できる。vROpsはvSphere環境を可視化するための運用ツールであるが、「マネジメントパック」と呼ばれる機能拡張を追加することによりさまざまなコンポーネントを視覚化できる。

残り本文:約3321文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]