NAS SAN フラッシュストレージ EMCジャパン ネットアップ VMware Nutanix

2016年春、最新のストレージ製品の選び方(1)

クラウドやビッグデータ、フラッシュなどのトレンドを踏まえ、データストレージの最新動向を解説する。今回は企業のIT環境を取り巻く大きな変化について取り上げる。

 オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」によって、企業が自前のデータセンターでプライベートクラウド環境を構築できる土台が整ってきた。IT部門が管理できないところでパブリッククラウドを利用する「シャドーIT」の台頭もある。自社で用意するITサービスよりもはるかに使いやすく、そして低価格であるため水面下での利用が広がっており、IT部門としても無視できない状況となっている。

 さらに、ビッグデータ分析によって、これまで使われなかったログデータなどからビジネスに役立つ知見を引き出せそうな見通しが立ってきた。ここで、システム基盤を管理しているIT部門のエンジニアにとって、クラウドや仮想化、ビッグデータをどうやって自社に取り込んでいくのか、という大きな課題が浮かび上がる。

 そこで今回は、2016年のトレンドを踏まえた上で、こうした課題の解決に必要な技術の1つであるデータストレージについて、どのように選べばいいのかを解説していく。

オープンソース、クラウド、ビッグデータ、オールフラッシュがキーワード

残り本文:約1471文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 本質的なコスト削減とアジリティ向上は“サーバーレスアプローチ”無くして実現不可能
  2. Pure Storageだから実現する機能!高性能と手軽さを両立させる“秘訣”教えます
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 企業価値は「データリテラシー」で5億ドル分の底上げも--では、御社がそれを獲得する取り組みの方法は?
  5. 問い合わせ対応業務が激変! AI技術で高精度・高速化した最新チャットボットはどうすごいのか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]