ストレージ EMCジャパン ネットアップ VMware Nutanix

2016年春、最新のストレージ製品の選び方(1)

クラウドやビッグデータ、フラッシュなどのトレンドを踏まえ、データストレージの最新動向を解説する。今回は企業のIT環境を取り巻く大きな変化について取り上げる。

 オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」によって、企業が自前のデータセンターでプライベートクラウド環境を構築できる土台が整ってきた。IT部門が管理できないところでパブリッククラウドを利用する「シャドーIT」の台頭もある。自社で用意するITサービスよりもはるかに使いやすく、そして低価格であるため水面下での利用が広がっており、IT部門としても無視できない状況となっている。

 さらに、ビッグデータ分析によって、これまで使われなかったログデータなどからビジネスに役立つ知見を引き出せそうな見通しが立ってきた。ここで、システム基盤を管理しているIT部門のエンジニアにとって、クラウドや仮想化、ビッグデータをどうやって自社に取り込んでいくのか、という大きな課題が浮かび上がる。

 そこで今回は、2016年のトレンドを踏まえた上で、こうした課題の解決に必要な技術の1つであるデータストレージについて、どのように選べばいいのかを解説していく。

オープンソース、クラウド、ビッグデータ、オールフラッシュがキーワード

残り本文:約1471文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]