アクセス管理

AuthWay:二要素と二経路に対応の多要素認証システム--OATH互換

多要素認証システム「AuthWay」はワンタイムパスワードによる二要素認証と、スマートデバイス利用の二経路認証に対応。LDAPまたはRADIUS対応システムであればエージェントレス運用が可能。OSログインにも対応する。

AuthWayのポイント

  • OTPでの二要素認証、スマートデバイスの二経路認証に対応
  • LDAPとRADIUSに対応、エージェントレスで多要素認証
  • 二経路認証ではパスワードパターンや指紋、声紋にも対応

AuthWayの製品解説

 アイピーキューブの「AuthWay」は、ワンタイムパスワード(OTP)による二要素認証とスマートデバイスを利用した二経路認証に対応する、多要素認証システムだ。インターネット経由のリモートアクセス(VPNやアクセス)の認証のほか、OSログインにも対応しており、UNIXやWindowsなど社内システムの認証をOTP認証に移行してセキュリティを強化できる。

編集部おすすめの関連記事

 認証プロトコルとして幅広く利用されているLDAPとRADIUSに対応。LDAPまたはRADIUSに対応するシステムであれば、特別なモジュールを導入する必要がなく、エージェントレスで多要素認証を実現することが可能だ。

 二要素認証については、時刻同期方式を採用。複数ベンダーのOATH互換トークンや無償のスマートフォン向けトークンに対応しており、利用形態にあわせて最適なトークンを選択することが可能だ。

 トークンレスOTPにも対応しており、メール配信でOTPを受け取れるため、トークンを持っておく必要がない。ハードウェアトークンやソフトウェアトークンとも併用でき、トークン紛失時の対策としても有効だ。

 スマートデバイスを利用する二経路認証は、米Authentifyのサービスと連携。デバイス認証に加え、パスワードパターンや指紋、声紋などの認証方式に対応する。スマートフォンやタブレット用のソフトウェアトークンに対しては、メール配信とQRコード発行の2つの方法でトークン情報を発行する。機種変更など端末変更の際にも再発行が可能だ。

 秘密の質問の回答と、登録アドレスへの一時パスワードの発行によって本人確認できるセルフメンテナンス機能を備えている。これによりトークンのロック解除やPINのリセットを利用者自身でできるため、運用管理の負荷を軽減することが可能だ。

AuthWayの利用イメージ(出典:アイピーキューブ)
AuthWayの利用イメージ(出典:アイピーキューブ)
AuthWayのまとめ
用途と機能二経路と二要素に対応する多要素認証システム
特徴ワンタイムパスワードによる二要素認証と、スマートデバイス利用の二経路認証を利用可能。LDAPまたはRADIUS対応システムではエージェントレス運用が可能。UNIXやWindowsなどOSログインにも対応。運用負荷を軽減する機能も搭載する
導入企業富士通、日本システムウエア、インテックなど

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]