アクセス管理

AuthWay:二要素と二経路に対応の多要素認証システム--OATH互換

多要素認証システム「AuthWay」はワンタイムパスワードによる二要素認証と、スマートデバイス利用の二経路認証に対応。LDAPまたはRADIUS対応システムであればエージェントレス運用が可能。OSログインにも対応する。

AuthWayのポイント

  • OTPでの二要素認証、スマートデバイスの二経路認証に対応
  • LDAPとRADIUSに対応、エージェントレスで多要素認証
  • 二経路認証ではパスワードパターンや指紋、声紋にも対応

AuthWayの製品解説

 アイピーキューブの「AuthWay」は、ワンタイムパスワード(OTP)による二要素認証とスマートデバイスを利用した二経路認証に対応する、多要素認証システムだ。インターネット経由のリモートアクセス(VPNやアクセス)の認証のほか、OSログインにも対応しており、UNIXやWindowsなど社内システムの認証をOTP認証に移行してセキュリティを強化できる。

編集部おすすめの関連記事

 認証プロトコルとして幅広く利用されているLDAPとRADIUSに対応。LDAPまたはRADIUSに対応するシステムであれば、特別なモジュールを導入する必要がなく、エージェントレスで多要素認証を実現することが可能だ。

 二要素認証については、時刻同期方式を採用。複数ベンダーのOATH互換トークンや無償のスマートフォン向けトークンに対応しており、利用形態にあわせて最適なトークンを選択することが可能だ。

 トークンレスOTPにも対応しており、メール配信でOTPを受け取れるため、トークンを持っておく必要がない。ハードウェアトークンやソフトウェアトークンとも併用でき、トークン紛失時の対策としても有効だ。

 スマートデバイスを利用する二経路認証は、米Authentifyのサービスと連携。デバイス認証に加え、パスワードパターンや指紋、声紋などの認証方式に対応する。スマートフォンやタブレット用のソフトウェアトークンに対しては、メール配信とQRコード発行の2つの方法でトークン情報を発行する。機種変更など端末変更の際にも再発行が可能だ。

 秘密の質問の回答と、登録アドレスへの一時パスワードの発行によって本人確認できるセルフメンテナンス機能を備えている。これによりトークンのロック解除やPINのリセットを利用者自身でできるため、運用管理の負荷を軽減することが可能だ。

AuthWayの利用イメージ(出典:アイピーキューブ)
AuthWayの利用イメージ(出典:アイピーキューブ)
AuthWayのまとめ
用途と機能二経路と二要素に対応する多要素認証システム
特徴ワンタイムパスワードによる二要素認証と、スマートデバイス利用の二経路認証を利用可能。LDAPまたはRADIUS対応システムではエージェントレス運用が可能。UNIXやWindowsなどOSログインにも対応。運用負荷を軽減する機能も搭載する
導入企業富士通、日本システムウエア、インテックなど

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan