SSO

Evidian Enterprise SSO:パスワードを教えずにアカウントを共有できるSSO

企業向けシングルサインオンの「Evidian Enterprise SSO」はGoogle Appsやウェブアプリケーションなどを修正することなくSSOでアクセスできる。アプリケーションが要求する定期的なパスワード変更にも対応できる。

 EVIDIAN-BULL JAPANの「Evidian Enterprise SSO」は企業向けのシングルサインオン(SSO)システム。Google AppsやSAP、Notes、ウェブアプリケーションなどを修正することなくSSOでアクセスできる。

 GUIでSSOの対象となるアプリケーションのログイン画面をドラッグ&ドロップで設定できる。アプリケーションが要求する定期的なパスワード変更にも対応が可能なため、例えば文字数などアプリケーションのパスワードポリシーにあわせて自動更新できる。

 エンドユーザーがアプリケーションに複数のアカウントを持っている場合は、エンドユーザーに選択を求めて使用アカウントを決定することもできる。

 アクセス権限やセキュリティポリシーも細かく設定できる。誰がどのアプリケーションをどのPCから使うか、いつからいつまで使うか、どの認証方式を選ぶか、といった設定が可能だ。出張などで不在になる時に、その間だけ特定のアプリケーションへのアクセス権限を別のエンドユーザーに委譲する、といった設定をエンドユーザー間で行うことも可能だ。

 アプリケーション定義やアプリケーションへの認証情報をActive Directoryなど既存のLDAPディレクトリ上に保存するので、新規に認証情報サーバを導入する必要がない。

Evidian Enterprise SSOの標準機能とオプションで提供される機能(EVIDIAN-BULL JAPAN提供)
Evidian Enterprise SSOの標準機能とオプションで提供される機能(EVIDIAN-BULL JAPAN提供)
EVIDIAN-BULL JAPAN Evidian Enterprise SSOの概要
用途と機能企業向けのSSOシステム
特徴アクセス権限やセキュリティポリシーも細かく設定できる。誰がどのアプリケーションをどのPCから使うか、いつからいつまで使うか、どの認証方式を選ぶか、といった設定が可能
導入企業SOCIETE GENERALE

「SSO」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]