SSO

Evidian Enterprise SSO:パスワードを教えずにアカウントを共有できるSSO

企業向けシングルサインオンの「Evidian Enterprise SSO」はGoogle Appsやウェブアプリケーションなどを修正することなくSSOでアクセスできる。アプリケーションが要求する定期的なパスワード変更にも対応できる。

 EVIDIAN-BULL JAPANの「Evidian Enterprise SSO」は企業向けのシングルサインオン(SSO)システム。Google AppsやSAP、Notes、ウェブアプリケーションなどを修正することなくSSOでアクセスできる。

 GUIでSSOの対象となるアプリケーションのログイン画面をドラッグ&ドロップで設定できる。アプリケーションが要求する定期的なパスワード変更にも対応が可能なため、例えば文字数などアプリケーションのパスワードポリシーにあわせて自動更新できる。

 エンドユーザーがアプリケーションに複数のアカウントを持っている場合は、エンドユーザーに選択を求めて使用アカウントを決定することもできる。

 アクセス権限やセキュリティポリシーも細かく設定できる。誰がどのアプリケーションをどのPCから使うか、いつからいつまで使うか、どの認証方式を選ぶか、といった設定が可能だ。出張などで不在になる時に、その間だけ特定のアプリケーションへのアクセス権限を別のエンドユーザーに委譲する、といった設定をエンドユーザー間で行うことも可能だ。

 アプリケーション定義やアプリケーションへの認証情報をActive Directoryなど既存のLDAPディレクトリ上に保存するので、新規に認証情報サーバを導入する必要がない。

Evidian Enterprise SSOの標準機能とオプションで提供される機能(EVIDIAN-BULL JAPAN提供)
Evidian Enterprise SSOの標準機能とオプションで提供される機能(EVIDIAN-BULL JAPAN提供)
EVIDIAN-BULL JAPAN Evidian Enterprise SSOの概要
用途と機能企業向けのSSOシステム
特徴アクセス権限やセキュリティポリシーも細かく設定できる。誰がどのアプリケーションをどのPCから使うか、いつからいつまで使うか、どの認証方式を選ぶか、といった設定が可能
導入企業SOCIETE GENERALE

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan