IDC Japanは4月14日、国内企業688社を対象としたセキュリティ対策の実態調査を発表した。2015会計年度の投資増減率を調べた結果、2014会計年度と比べて「増加している」と回答した企業が27.2%となり、「減少する」と回答した企業(10.5%)を上回った。2016年1月に実施した。

 また、2016会計年度の投資見込みでは、2015年度を上回るとした企業は全体の27.0%、「減少する」と回答した企業は10.5%だった。しかし、全体の6割超の企業では投資額は前年度と変わらないと回答しており、3割超の企業はセキュリティ投資を行う項目を具体的に計画していないと回答している。

残り本文:約1550文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan