ワンタイムパスワード アズジェント

PINsafe:ワンタイムパスワードとPINコードの二要素認証システム

「PINsafe」はPINコードとワンタイムパスワードを組み合わせた二要素認証システム。社外のクラウドアプリケーションや社内の独自ウェブアプリケーション、VPN、VDIなどの環境に対応する。

 アズジェントの「PINsafe」は、ワンタイムパスワードをベースとした二要素認証システムだ。物理的なトークンが必要なく「PIN(Personal Identification Number)コード」を利用して安全に認証できる。

 利用者はあらかじめ固有のPINを設定する。PINは、4~10桁で数字と英字、大文字と小文字を混在させて設定できる。パスワード生成時は、モバイルデバイスやウェブを通じて、「セキュリティストリング」と呼ぶランダムな数字からなる文字列を取得する。セキュリティストリングをPINと照合することで、ワンタイムパスワードが生成できる。

 トークンの発行や紛失した場合の手続きといった、従来必要だったトークンの管理に伴う手続きや処理が不要になるので、運用コストを削減できる。利用者はトークンの携帯が不要になるだけでなく、パスワードのパターンを暗記する必要がないため簡単に導入できる。

 クラウドアプリケーション、ウェブアプリケーション、仮想私設網(VPN)装置、仮想デスクトップ(VDI)などさまざまな環境に対応している。

PINsafeの利用イメージ
PINsafeの利用イメージ(アズジェント提供)
PINsafeの概要
用途と機能ワンタイムパスワードをベースとした二要素認証システム
特徴PINコードとワンタイムパスワードを組み合わせて認証する。社外のクラウドアプリケーションや社内の独自ウェブアプリケーション、VPN、VDIなどの環境に対応する
税別価格仮想アプライアンスのPINsafe VM Applianceは11万円から。年間ライセンスは1~49人で利用する場合で1ユーザーあたり1万1026円

「ワンタイムパスワード」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]