ワンタイムパスワード アズジェント

PINsafe:ワンタイムパスワードとPINコードの二要素認証システム

「PINsafe」はPINコードとワンタイムパスワードを組み合わせた二要素認証システム。社外のクラウドアプリケーションや社内の独自ウェブアプリケーション、VPN、VDIなどの環境に対応する。

 アズジェントの「PINsafe」は、ワンタイムパスワードをベースとした二要素認証システムだ。物理的なトークンが必要なく「PIN(Personal Identification Number)コード」を利用して安全に認証できる。

 利用者はあらかじめ固有のPINを設定する。PINは、4~10桁で数字と英字、大文字と小文字を混在させて設定できる。パスワード生成時は、モバイルデバイスやウェブを通じて、「セキュリティストリング」と呼ぶランダムな数字からなる文字列を取得する。セキュリティストリングをPINと照合することで、ワンタイムパスワードが生成できる。

 トークンの発行や紛失した場合の手続きといった、従来必要だったトークンの管理に伴う手続きや処理が不要になるので、運用コストを削減できる。利用者はトークンの携帯が不要になるだけでなく、パスワードのパターンを暗記する必要がないため簡単に導入できる。

 クラウドアプリケーション、ウェブアプリケーション、仮想私設網(VPN)装置、仮想デスクトップ(VDI)などさまざまな環境に対応している。

PINsafeの利用イメージ
PINsafeの利用イメージ(アズジェント提供)
PINsafeの概要
用途と機能ワンタイムパスワードをベースとした二要素認証システム
特徴PINコードとワンタイムパスワードを組み合わせて認証する。社外のクラウドアプリケーションや社内の独自ウェブアプリケーション、VPN、VDIなどの環境に対応する
税別価格仮想アプライアンスのPINsafe VM Applianceは11万円から。年間ライセンスは1~49人で利用する場合で1ユーザーあたり1万1026円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan