BI

IT部門はデータリテラシーを高める“コンシェルジュ”に--セルフサービスBIベンダー座談会(4)

セルフサービスBIに関わるベンダー5社が集まり、座談会を開催した。今回は情報システム部門がユーザー部門のデータ活用をどのように支援できるのかについて考察した。

 ビッグデータという言葉とともにデータを分析するなど活用してビジネスを成長させようという雰囲気ができあがりつつある。その中で、ユーザー部門が自ら分析する“セルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)”が大きな注目を集めている。

 そこで今回は、セルフサービスBIに関わるベンダー5社に集まっていただき、座談会を開催した。第1回第2回第3回に続き、情報システム部門がユーザー部門のデータ活用をどのように支援できるのかについて考察した。参加したのは以下の5人。

  • 小林泉氏:SAS Institute Japan ビジネス開発グループ ビジネス開発&パートナー・アライアンス本部 マネージャー
  • 並木正之氏:Tableau Japan テクノロジーエバンジェリスト セールスコンサルタント
  • 大畠幸男氏:ウイングアーク1st 営業本部 GTM推進部 副部長
  • 横川健氏:クリックテック・ジャパン ソリューション・コンサルティング部 部長
  • 北川剛氏:日本マイクロソフト マーケティング&オペレーションズ部門 クラウド&エンタープライズビジネス本部 クラウド&サーバー製品マーケティング部 エグゼクティブ プロダクト マネージャー

情報システム部門の役割は“コンシェルジュ”

残り本文:約2730文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]