IaaS PaaS 日本マイクロソフト

院外からも閲覧--国立がん研究センター、新薬開発の作業効率化でクラウド活用

国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、新薬治験に関する記録や報告をカルテなどの原資料と照合、検証する作業「SDV」を効率化するために「Micrsoft Azure」をベースにシステムを開発した。

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、新薬治験に関する記録や報告をカルテなどの原資料と照合、検証する作業「SDV(Source Data VerificationまたはSource Document Verification)」を効率化するため、院外からのSDVを可能にする“リモートSDVシステム”を開発した。日本マイクロソフトが4月14日にユーザー事例として公表した。

 国立がん研究センターの東病院は1992年に開院、新しい診断や治療法の開発に重きを置いて運営しており、治験が重要な意味を持つ。治験は、治験を依頼した製薬会社と病院との情報を共有、確認する。

 だが、試験内容を記録したカルテを院外に持ち出せないことから、製薬会社の担当者が病院に出向いてSDV作業を行ってきた。この作業は、治験での重要な記録や報告を医療機関が保存するカルテなどの原資料を直接閲覧して照合、確認するもの。病院側は作業のため専用の部屋を用意するほか専任の担当者をつける必要があり、製薬会社にも人件費や交通費が必要で、製薬会社にとっても病院にとっても負担があったという。

 このようなSDVにまつわる負担を軽減すべく開発されたのが、今回のリモートSDVシステム。東病院では2013年に電子カルテシステムを刷新し、2014年に治験データを管理する「治験原データ管理システム」を構築している。治験原データ管理システムには、治験データとしての真正性を確保した上で治験データのコピーを保管してあり、リモートSDVシステムはそのデータを外部から参照できるようにするシステムだ。

残り本文:約515文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan