人事評価 AJS

P-TH:Excelファイルでの人事考課をシステム化--評価値を自動で集計

人事考課システムの「P-TH」は、Excelベースの考課シートをサーバにアップロードしてファイル管理をシステム化することで、目標と評価の進捗管理を自動化する。評価者の負担も減らせる。

 AJSの「P-TH(ピース)」は、Excelとウェブを組み合わせた人事考課システムである。Excelベースの人事考課フォーマットを利用して入力インターフェースを設計でき、被考課者と考課者の入力情報をデータベースで一元管理。人事考課に伴う作業負荷を軽減し、人材活用を促進する。

 Excelベースの考課シートをサーバにアップロードしてファイル管理をシステム化することで、目標と評価の進捗(しんちょく)管理を自動化し、評価者の負担を軽減する。

 考課者がExcelファイルに記載した評価値はシステムが自動で集計する。被考課者の評価一覧と評価分布のシートを標準で用意しており、評価対象者一覧から評価を入力したり、分布をシミュレーションしたりできる。

 評価結果のデータをシステムに蓄積することで、社内の人材情報を見える化する。蓄積したデータから自由にデータをレポーティングできるオプションを用意する。

 ウェブベースの統合基幹業務システム(ERP)「GRANDIT」と連携可能で、GRANDITから個人基本情報を取り込んで、人事考課結果をGRANDITに反映するといった運用ができる。

P-THの画面イメージ
P-THの画面イメージ(AJS提供)
人事考課システム【P-TH】の概要
用途と機能Excelとウェブを組み合わせた人事考課システム
特徴Excelベースの人事考課フォーマットを利用して入力インタフェースを設計でき、被考課者と考課者の入力情報をデータベースで一元管理。人事考課に伴う作業負荷を軽減し、人材活用を促進する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan