フラッシュストレージ

HDDというボトルネックを突破せよ--オールフラッシュストレージ座談会(1)

アレイのすべてをSSDにする「オールフラッシュストレージ」が相次いで市場に投入されている。HDDとSSDのハイブリッドではなくオールフラッシュにすることで高速化するストレージは何をもたらすのか――。製品ベンダー5社が集まり、各社の見方などを語った。

 2016年は「オールフラッシュストレージ元年」という掛け声を各ベンダーが出しているのを耳にするようになった。フラッシュは高速性や耐障害性などのメリットがあり、価格も徐々にこなれてきたという状況の後押しもある。一方、ストレージをオールフラッシュにすることで、社内のITやビジネスの何が変わっていくのか。そこで今回は、フラッシュストレージに関わるベンダー5社に集まっていただき、座談会を開催した。参加したのは以下の5人。

  • ソリッドファイアージャパン 技術部長 松浦敦氏
  • 日本IBM ストレージ・システム事業部 ビジネス開発 今井達也氏
  • EMCジャパン XtremIO システムエンジニア 水落健一氏
  • 日本ヒューレット・パッカード プリセールス統括本部 ストレージ技術本部 ストレージ技術2部 シニアITスペシャリスト 岩野義人氏
  • ピュア・ストレージ・ジャパン SE部長 志閒義治氏

――オールフラッシュストレージに対して、それぞれどのような戦略を持っているか。そこから始めたいと思います。


EMCジャパン XtremIO システムエンジニア 水落健一氏

水落氏 EMCジャパンの水落です。よろしくお願いします。担当がEMCのフラッシュ製品のプリセールスをしています。フィールドのセールス活動のサポートがメインです。注力していることは、オールフラッシュというと高価であるという部分がクローズアップされがちですが、それとは別の観点でメリットを伝えるということです。

岩野氏 日本ヒューレット・パッカードの岩野と申します。私はプリセールス統括本部のストレージ技術部に所属しておりまして、主にストレージのプリセールス活動をしています。日本ヒューレット・パッカードがストレージで包括しているポイントは5つあります。今日のテーマであるフラッシュストレージ、そして、バックアップ技術、ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)、オブジェクトストレージ、新しいコンポーザルインフラストラクチャです。

 これらに取り組む意味は、分社がエンタープライズビジネスにフォーカスしていることもあり、ハイブリッドインフラからの変革、デジタルエンタープライズの保護やデータ指向型の推進、ワークプレイス、生産性の向上というこの4つのテーマで、莫大なデータの拡大といったところに取り組んでいます。

残り本文:約5332文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 標的型攻撃に侵入されている組織は「4社に1社」─衝撃の事実に企業はどう立ち向かうべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]