メールセキュリティ オレンジソフト

BRODIAEA safeAttach:メール誤送信対策のアプライアンス--ファイルを自動暗号化

メール誤送信対策のアプライアンス「BRODIAEA safeAttach」は、添付ファイルの自動暗号化、メールの一時保留などの機能を提供。ゲートウェイとして動作するため、ユーザーに負担をかけずに導入できる。

 オレンジソフトの「BRODIAEA safeAttach」は、メール誤送信対策のアプライアンスサーバである。添付ファイルの自動暗号化、Bcc化によるメールアドレスの漏えい防止、メールの一時保留などの機能を提供。ゲートウェイとして動作するため、ユーザーに負担をかけずに導入できる。

 送信者がメールに添付ファイルを付けて送信すると、サーバ側で添付ファイルやメール本文を自動的に暗号化し、復号パスワードを生成する。パスワードは「ランダム」と「固定」から選べる。

 パスワードを相手先に送信する際に確認するため、宛先間違いで暗号化メールを送信しても、復号パスワードを送信しなければ情報漏えいを防げる。暗号化は「256ビットAES(Advanced Encryption Standard)」方式でも行える。

 大容量ファイルの受け渡し用に、メールの添付ファイルをメールから切り離して、ウェブからダウンロードさせる機能を搭載。利用者は、容量の大小にかかわらずメールだけでファイルを受け渡せる。ダウンロード待ちのファイルは、ユーザーや管理者が取り消せるので、添付間違いなどの対策に有効である。

 メール保留機能では、利用者が送信したメールを相手先に送らずに一定時間だけ保留するので、必要に応じて送信をキャンセルできる。保留中のメールは、添付ファイルの内容を確認したり、送信者以外の第三者がチェックしたりすることが可能になっている。チェック画面はPCとスマートフォンに対応する。

 さらに送信者、宛先、メールヘッダ情報、ToとCcの件数、メールサイズ、添付ファイル名、IPアドレスなどを条件にして、暗号化やメール送信制御などのアクションを実行するルールを設定可能。例えば、添付するファイルのサイズによって、パスワード付きZIPファイルにして添付するか、メールから切り離してウェブからダウンロードさせるかを設定できる。

 アプライアンスサーバのほかに、仮想アプライアンスモデルとして仮想化ソフト「VMware ESXi」に対応した「BRODIAEA safeAttach VM」を提供する。

BRODIAEA safeAttachのメール送受信の手順概要
BRODIAEA safeAttachのメール送受信の手順概要(オレンジソフト提供)
BRODIAEA safeAttachの概要
用途と機能メール誤送信対策の物理アプライアンス
特徴添付ファイルの自動暗号化、Bcc化によるメールアドレスの漏えい防止、メールの一時保留などが可能。ゲートウェイとして動作するため、ユーザーに負担をかけずに導入できる
税別価格アプライアンスサーバが180万円から、仮想アプライアンスが120万円から
導入企業KDDI、エース損害保険、田辺特許事務所、アイピービー、ビック東海、メイテックキャスト、スターネット、パシフィックネット、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan