マーケティングオートメーション シャノン

シャノンマーケティングプラットフォーム:リードを一元管理するSaaS型MAツール

マーケティングオートメーション(MA)ツールの「シャノンマーケティングプラットフォーム」は、見込み客のプロセスの情報を一元的に管理するなど、オンラインとオフラインの両方のマーケティング業務を統合的に支援する。

 シャノンの「シャノンマーケティングプラットフォーム」は、ウェブサイトや展示会、セミナーなど、オンラインとオフラインを問わずに多様なチャネルにおけるマーケティング業務を統合的に支援するSaaS型のマーケティングオートメーション(MA)ツールである。

 見込み客(リード)の情報取得から購買までのプロセスを一元的に管理する。APIを公開しており、顧客関係管理(CRM)や統合基幹業務(ERP)をはじめとする外部システムやウェブサイトとの連携も可能だ。

 メールマーケティング機能は、最適なタイミングでリードをフォローすることができる機能。対象セグメントに対して、あらかじめ設定したシナリオでパーソナライズしたメールを自動配信する。

 ウェブフォームやランディングページをキャンペーンごとに自動生成、管理する機能も備える。マルチチャネルのキャンペーン管理機能は、オンラインとオフラインを問わないコミュニケーションチャネルを組み合わせてリードをフォローするキャンペーンを実行、管理することができる。

 リードの機能は、ライフサイクルで管理し、獲得から育成・商談までのプロセスにおけるリードの行動や履歴情報などを蓄積し、リードの属性情報とともに一元管理する。リードにひも付けした情報をスコア化し、リードの定量評価や優先順位付けるスコアリング機能も備える。

 マーケティングツールとCRMシステムをダイレクトに接続し、「リード管理」と「商談パイプライン管理」を連携するCRM統合機能、ソーシャルメディアと連携し、リードデータの取得や分析、ソーシャルキャンペーンの拡散などを実行するソーシャルツールも搭載する。

シャノンマーケティングプラットフォームのイメージ図
シャノンマーケティングプラットフォームのイメージ図(シャノン提供)
シャノンマーケティングプラットフォームの概要
用途と機能マーケティング業務を統合的に支援するSaaS型のMAツール
特徴ウェブサイトや展示会、セミナーなど、オンラインとオフラインを問わずに多様なチャネルでリードの情報取得から購買までのプロセスを一元的に管理する
税別価格初期費用:10万円、月額基本料金:2万5000円から
導入企業 ソフトバンク コマース&サービス、NTTコミュニケーションズ、野村総合研究所、インテリジェンス、など

「マーケティングオートメーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]