メールセキュリティ

MailBarrier:添付ファイルを自動暗号化するメールセキュリティ--誤送信も防止

メールセキュリティソフトウェアの「MailBarrier」は、添付ファイルの自動暗号化とメール誤送信を防止できる。SMTPサーバを利用する全てのメール環境に対応し、受信者側へのインストールは不要だ。

 富士通アドバンストエンジニアリングの「MailBarrier」は、添付ファイルの自動暗号化とメール誤送信を防止するメールセキュリティソフトウェアだ。SMTPサーバを利用する全てのメール環境に対応し、受信者側へのインストールは不要である。

 添付ファイルの暗号化機能は、メール送信時にファイルを自動で暗号化し、復号用のパスワードを生成する。復号パスワードを送り先に自動で送信することも可能。暗号化形式は自己復号形式とZIP形式から選択できる。

 誤送信防止機能は、メール送信時に宛先確認用のダイアログを表示し、送信者に宛先の確認を促す。利用者は宛先を確認後に送信する。グループ別、ドメイン別に表示色を設定することで、宛先に応じた警告色を表示できるため確認しやすくなっている。

 ほかに、添付ファイル送信時にメール本文を自動チェックする機能を装備。特定キーワードを本文、件名、ファイル名に含むメールに、指定した拡張子のファイルを添付できなくする。例えば、「見積」というキーワードを含むメールに、Excelなどの編集可能ファイルを添付しようとすると警告を表示し、メールの送信を停止する。

MailBarrierの送信確認画面
MailBarrierの送信確認画面(富士通アドバンストエンジニアリング提供)
MailBarrierの概要
用途と機能添付ファイルの自動暗号化とメール誤送信を防止するメールセキュリティソフト
特徴SMTPサーバを利用する全てのメール環境に対応し、受信者側へのインストールは不要
税別価格1ライセンスあたり3900円から
導入企業富士電機ITソリューション、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]