SSO

OneLogin:ID管理とSSOの機能を備えたIDaaS--認証情報を一元管理

IDaaSの「OneLogin」は、アカウント管理とシングルサインオン(SSO)の機能を備えている。ウェブアプリへのログイン時に個別のパスワードを覚える必要がなくなる。

 ペンティオの「OneLogin」は、アカウント管理とシングルサインオン(SSO)の機能を備えたIDaaS(IDentity as a Service)である。ウェブサービスやウェブアプリにログインする際に、エンドユーザーがパスワードを覚える必要がなくなる。

 OneLoginに登録したアプリはポータル画面に表示される。エンドユーザーは、ログインしたいアプリケーションをクリックするだけでログインできる。ログインに必要な情報は暗号化されて通信される仕組みとなっている。

 スタンドアロンのパスワード管理ソフトとは異なり、管理者が認証情報を一元管理できる。管理者のみがパスワードを把握することになるため、情報漏えいを防止できる。SAML認証のほかに、フォーム認証、ベーシック認証にも対応する。

 「ロール(役割)」と呼ばれるまとまりでアプリを管理するため、営業やマーケティングなどの役割ごとにアプリへのアクセス権を設定可能である。ユーザー情報をActive Directoryから管理できるほか、LDAPやGoogle Apps、Workdayからインポートできる。

 セキュリティポリシーとしてパスワードの複雑さ、セッションタイムアウト時間、最大失敗回数、多要素認証などを設定できる。ポリシーはグループや個人に対して設定可能。

 4000種類以上のウェブアプリの設定を用意しており、カタログから選択するだけで利用できる。カタログにないアプリであっても、ブラウザからアクセスするアプリであれば「カスタムコネクタ」で設定を作成することによって対応可能である。

 モバイルアプリをダウンロードすることで、iOSとAndroidからの利用にも対応する。

OneLoginの画面
OneLoginの画面(ペンティオ提供)
OneLoginの概要
用途と機能ID管理とSSOの機能を備えたIDaaS
特徴ウェブサービスやウェブアプリにログインする際に、エンドユーザーがパスワードを覚える必要がなくなる
税別価格Starterがユーザーあたり月額250円、Enterpriseが500円、Unlimitedが900円
導入企業日本エコシステム、アラタナ、うるる、など

「SSO」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]