SIEM EMCジャパン NTTコミュニケーションズ 日本アイ・ビー・エム シマンテック 日本ヒューレット・パッカード マカフィー ラック Splunk Services Japan

SIEMとMSSの注目ベンダーはこれだ--セキュリティ対策を見極めて賢く選ぶ

SIEMやMSSで効率よく防御するためには、自社にあったセキュリティ対策を見極める必要がある。非常に多くの製品とサービスが市場に出回る中、注目すべきセキュリティベンダーを紹介する。

前回に戻る

 これまで3回に分けて「セキュリティ情報イベント管理(SIEM)」と「マネージドセキュリティサービス(MSS)」の使い分けや組み合わせについて取り上げてきた。

 企業からの情報漏えいが相次ぐ中、企業や組織におけるセキュリティ体制について見直しが迫られている。従来のように脅威を侵入させない対策だけでなく、攻撃や侵入を前提とした対策が必要になってきた。つまり、標的型攻撃や不正侵入に遭っても、それを早期に検知し、被害を最小限に食い止めるための仕組みが求められているのである。

 そうしたサイバー攻撃への有効策として、SIEMとMSSが近年、大きな注目を集めている。その運用課題やメリット、デメリットについてはすでに説明したとおりだ。その上で、両者を組み合わせた“ハイブリッド”の運用体制についても考察した。

 今回は、セキュリティベンダー各社の主要なSIEM製品とMSSを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1427文字 ログインして続きを読んでください。

「SIEM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]