日本情報システム・ユーザー協会

「リアルタイム経営」「省力化」に投資したい--IT投資動向

 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)は、ITユーザー企業の投資動向やIT戦略動向などの調査結果を発表している。IT投資は増加傾向にあり、特に「業務プロセスの効率化(省力化、業務コスト削減)」と、「迅速な業績把握、情報把握(リアルタイム経営)」への関心が高いという結果が分かった。

 2016年度のIT予算の対前年比をみると、回答企業(調査対象は国内上場企業およびそれに準ずる企業)の4割強(43.6%、前年調査比1.6ポイント増)が、2015年度よりIT予算を「増やす」と回答した。

 逆に「減らす」と回答した企業の割合は2割弱(18.0%、同0.2ポイント減)。IT予算を「増やす」割合から「減らす」割合を差し引いて求めたDI(ディフュージョン・インデックス)は25.6ポイントで、前年調査のDI(23.8ポイント)を上回った。

2016年度IT予算の増減(2015年度比の増減予想)(JUAS提供)
2016年度IT予算の増減(2015年度比の増減予想)(JUAS提供)

売上高1000億円未満の中堅・中小企業でのIT投資が活発に

 売上高規模別にIT予算の増減を集計したところ、すべての売上高規模でDIがプラス(IT予算を増やす企業が減らす企業よりも多い状況)となった。特に売上高1000億~1兆円未満の層では、半数を超える55.1%の企業が2016年度にIT予算を「増やす」と回答し、DIは37.1ポイントで前回調査(11.6ポイント)から大幅に改善した。

売上高規模別2016年度IT予算の増減(2015年度比)(JUAS提供)
売上高規模別2016年度IT予算の増減(2015年度比)(JUAS提供)

残り本文:約1376文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan