IRM ティエスエスリンク

トランセーファー:サーバレスでファイルに利用権限を付与できるIRMソフト

IRMソフトウェアの「トランセーファー」は、PDFファイルやOffice文書に利用制限を付与して暗号化し、第三者による情報漏えいを防止する。サーバレスなのでオフライン環境でも使える。

 ティエスエスリンクの「トランセーファー」は、PDFファイルやOffice文書に利用制限を付与して暗号化し、第三者による情報漏えいを防止するファイル権限管理(IRM)ソフトウェアである。サーバ構築やユーザー管理が不要で、暗号化したファイルは専用ソフトでしか閲覧できない。

 まずトランセーファーの暗号化ツール「TSLocker」に暗号化するファイルをドラッグ&ドロップ。その後の画面で、「閲覧だけを許可する」「閲覧と印刷を許可する」「復号を許可する」などの利用制限を指定して、パスワードを設定する。有効期限を決めることもできる。そうすると、「.tsd」の拡張子が付いたファイルが生成される。

 例えば「○○○.txt」というテキストファイルでは、「○○○.txt.tsd」というファイルが生成される。閲覧ツール「TSViewer」でパスワードを入力しないとファイルを開けない。暗号化したファイルを利用する端末を限定したパスワードレスでの運用も可能。

 ライセンスが発生するのはファイルを暗号化するユーザー数のみ。ファイルを閲覧するだけの社内外のユーザーはライセンスが不要である。閲覧に必要なツールも無料で配布している。サーバレスなので、インターネット接続ができないオフライン環境でも使える。

利用するモードを設定する画面
利用するモードを設定する画面(ティエスエスリンク提供)
トランセーファーの概要
用途と機能ファイルに利用制限を付与して暗号化するIRMソフト
特徴ファイルに閲覧、印刷、編集の可否を付与できるセキュリティ制限を付与する。サーバレスなので、インターネット接続ができないオフライン環境でも使える
税別価格基本パック(5ライセンスを含む):30万円、追加ライセンス:5万円(最大5ライセンス)~1000万円(最大1000ライセンス)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan