コンバージド・ハイパーコンバージド

コンバージド基盤は“ハイパー”な選択肢になり得るのか--ベンダー座談会(3)

日本でハイパーコンバージドインフラストラクチャなどを販売しているベンダー5社が集まり、それぞれの製品の特長、市場の動向、利点などについて座談会を開催した。今回は3回目。

 注目を集めつつあるコンバージドシステムやハイパーコンバージドインフラストラクチャを提供する5社が集まった座談会記事の3回目。参加したのは以下の各社だ。(1回目)(2回目

  • EMCジャパン コンバージドプラットフォームディビジョンハイパーコンバージドアプライアンス リード 小川高寛氏
  • 日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 Database & Exadataビジネス推進本部部長 桑内崇志氏
  • ヴイエムウェア チーフエバンジェリスト 桂島航氏
  • ニュータニックス・ジャパン SE Manager 露峰光氏
  • シスコシステムズ データセンター/バーチャライゼーション事業部長 石田浩之氏

――ネットワークの仮想化という話が出ましたが、シスコさんとしてのハイパーコンバージドのあるべき姿というのはどういうものなのでしょうか。


シスコシステムズ データセンター/バーチャライゼーション事業部長 石田浩之氏

シスコ石田氏 シスコとしてはデータセンターの中を全体的に捉えてシステムを提案していくという考え方ですね。ハイパーコンバージドだけじゃなくてベアメタルのサーバも必要でしょうし、GPUを積んだハードウェアもデスクトップ仮想化(VDI)には必要だということで「Unified Computing System(UCS)」のラインアップには用意しています。

 その中でハイパーコンバージドを位置付けています。ハードウェアとして完成されているスイッチがいきなりなくなるわけではないと思いますのでそれはサポートを続けていくということですね。

 ベアメタルについてはHadoopで分散処理を行いたいといったユースケースが考えられます。シスコとしてはClouderaやHortonworks、MapRなどのディストリビューションをライセンス込みでUCSとして販売していたりします。「HyperFlex」に関しては将来のロードアップとしてベアメタルが予定されているという感じです。

「コンバージド・ハイパーコンバージド」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]