BI IDC Japan

国内ユーザー企業の半数が限定的導入:IDCデータ分析成熟度

日本企業のデータ分析は、一部の部門やプロセスだけで進んでいて、組織全体として取り組む企業は限られている――。IDC Japanが明らかにした。

 IDC Japanは4月8日、国内ユーザー企業のビッグデータ/アナリティクスの取り組み状況について調査し、成熟度を分析した結果を発表した。国内ユーザー企業の50.0%が5段階中下から2番目にあたる「限定的導入」の成熟度であることが分かった。

 IDCによると、データ分析による企業の競争力向上への認識が高まる一方で、そのパフォーマンスに対する過剰な言説もあふれており、企業のマネジメント層にはデータ分析の成熟度を高めるプロセスを客観的に判断するための指標が求められているという。

残り本文:約787文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan