情報漏えい対策

InfoBarrier:操作制限で内部からの流出を抑止する情報漏えい対策ソフト

情報漏えい対策ソフトウェアの「InfoBarrier」は、内部利用者による機密情報の持ち出しなどを抑止する。操作制限、ログ取得、アラートなどの機能を備え、情報漏えいにつながるセキュリティリスクに対応する。

 富士通アドバンストエンジニアリングの「InfoBarrier」は、内部利用者による機密情報の持ち出しなどを抑止する情報漏えい対策ソフトウェアである。操作制限、ログ取得、アラートなどの機能を備え、情報漏えいにつながるセキュリティリスクに対応する。

 操作制限では、Windowsの機能やアプリケーションの機能、USBメモリなどの外部媒体の利用を制限。特定アプリケーションの起動制限をはじめ、アプリケーションのメニュー制限、キーボードとマウス操作の制限、アイコンとスタートボタンの表示制限、外部記憶媒体の使用制限などが行える。

 ログ取得機能は、ファイル操作ログ、添付メール送信ログ、印刷ログ、URLアクセスログ、アプリケーション起動ログなどをクライアント端末から収集する。収集したログはサーバの管理画面で一括検索できる。

 禁止操作をあらかじめ設定しておくことにより、利用者が禁止操作を実行した場合に、管理者にアラート通知したり、利用者に警告メッセージを出力したりするなどのアクションを実行できる。禁止対象とする操作は、ファイル操作、添付メール送信、印刷、URLアクセス、アプリケーション起動などで、アクションとして操作禁止、警告出力、管理者通知、監視ログ収集などを実行できる。

 外部媒体管理機能は、管理者が承認した外部記憶媒体以外は利用できなくすることで、私物の外部メディアの利用を抑止する。ファイル持ち出し、持ち込み時に自動的にログを収集し、外部メディアへのファイル持ち出し時に強制的に暗号化することも可能。

 ほかに、ファイル暗号化、資産管理、クライアント端末へのセキュリティポリシーの一括配信などの機能がある。ファイル暗号化は、InfoBarrier導入端末で自動的に復号可能な形式だけでなく、InfoBarrier未導入端末で復号可能な形式にも対応する。

InfoBarrierによる操作制限
InfoBarrierによる操作制限(富士通アドバンストエンジニアリング提供)
InfoBarrierの概要
用途と機能内部利用者による機密情報の持ち出しなどを抑止する情報漏えい対策ソフトウェア
特徴ユーザー操作制限として、特定アプリケーションの起動制限、アプリケーションのメニュー制限、キーボードとマウス操作の制限、アイコンとスタートボタンの表示制限、ドライブの使用制限などが行える
サーバ環境Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
クライアント環境Windows Vista/7/8.0/8.1
税別価格InfoBarrier7 Plusクライアントが1万6800円(1ライセンス)から、InfoBarrier7 Plusサーバが52万円
導入企業ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイル、ぶぎんシステムサービス、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan