CMS ジゾン

HeartCore CXM:ウェブサイトを動的に管理できるCMS--既存ページも取り込み

コンテンツ管理システム(CMS)の「HeartCore CXM」は、ウェブサイトを動的に管理できる。HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込めることが可能であり、既存コンテンツも簡単に移行できる。

 ジゾンの「HeartCore CXM」は、ウェブサイトを効率的に管理する動的なコンテンツ管理システム(CMS)だ。

 ウェブサイトの編集画面は、Microsoft Officeを操作する感覚のエディタを搭載する。WordやExcelのテキスト、表、画像のほか、ブラウザなどのアプリケーションからも情報を取り込める。PowerPointのような操作性で自由に加工できるとしている。

 HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込める。この機能を利用すれば、既存コンテンツを簡単に移行できる。Adobe Systemsの「Dreamweaver」で作成したテンプレートを自動変換して取り込む機能もある。

 パーソナルマーケティングやデータを使ったキャンペーン施策など、デジタルマーケティングで活用できる同社製品との連携機能も搭載されている。

HeartCoreの画面
HeartCoreの画面(ジゾン提供)
HeartCore CXMの概要
用途と機能ウェブサイトを効率的に管理する動的なCMS
特徴ウェブサイトをMicrosoft Officeを操作する感覚のエディタで編集できる。HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込めることが可能であり、既存コンテンツも簡単に移行できる
導入企業東急百貨店、日本航空、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan