CMS ジゾン

HeartCore CXM:ウェブサイトを動的に管理できるCMS--既存ページも取り込み

コンテンツ管理システム(CMS)の「HeartCore CXM」は、ウェブサイトを動的に管理できる。HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込めることが可能であり、既存コンテンツも簡単に移行できる。

 ジゾンの「HeartCore CXM」は、ウェブサイトを効率的に管理する動的なコンテンツ管理システム(CMS)だ。

 ウェブサイトの編集画面は、Microsoft Officeを操作する感覚のエディタを搭載する。WordやExcelのテキスト、表、画像のほか、ブラウザなどのアプリケーションからも情報を取り込める。PowerPointのような操作性で自由に加工できるとしている。

 HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込める。この機能を利用すれば、既存コンテンツを簡単に移行できる。Adobe Systemsの「Dreamweaver」で作成したテンプレートを自動変換して取り込む機能もある。

 パーソナルマーケティングやデータを使ったキャンペーン施策など、デジタルマーケティングで活用できる同社製品との連携機能も搭載されている。

HeartCoreの画面
HeartCoreの画面(ジゾン提供)
HeartCore CXMの概要
用途と機能ウェブサイトを効率的に管理する動的なCMS
特徴ウェブサイトをMicrosoft Officeを操作する感覚のエディタで編集できる。HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込めることが可能であり、既存コンテンツも簡単に移行できる
導入企業東急百貨店、日本航空、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan