CMS ジゾン

HeartCore CXM:ウェブサイトを動的に管理できるCMS--既存ページも取り込み

コンテンツ管理システム(CMS)の「HeartCore CXM」は、ウェブサイトを動的に管理できる。HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込めることが可能であり、既存コンテンツも簡単に移行できる。

 ジゾンの「HeartCore CXM」は、ウェブサイトを効率的に管理する動的なコンテンツ管理システム(CMS)だ。

 ウェブサイトの編集画面は、Microsoft Officeを操作する感覚のエディタを搭載する。WordやExcelのテキスト、表、画像のほか、ブラウザなどのアプリケーションからも情報を取り込める。PowerPointのような操作性で自由に加工できるとしている。

 HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込める。この機能を利用すれば、既存コンテンツを簡単に移行できる。Adobe Systemsの「Dreamweaver」で作成したテンプレートを自動変換して取り込む機能もある。

 パーソナルマーケティングやデータを使ったキャンペーン施策など、デジタルマーケティングで活用できる同社製品との連携機能も搭載されている。

HeartCoreの画面
HeartCoreの画面(ジゾン提供)
HeartCore CXMの概要
用途と機能ウェブサイトを効率的に管理する動的なCMS
特徴ウェブサイトをMicrosoft Officeを操作する感覚のエディタで編集できる。HTMLやCSS、PDF、DOC形式の既存ページも取り込めることが可能であり、既存コンテンツも簡単に移行できる
導入企業東急百貨店、日本航空、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「CMS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]