IRM ティエスエスリンク

パイレーツバスター Doc:ファイルに利用制限をかけて暗号化するIRMソフト

ファイル権限管理(IRM)ソフトウェアの「パイレーツバスター Doc」は、ファイルに対して編集や印刷などの利用制限を付与して暗号化し、第三者による情報漏えいを防止する。

 ティエスエスリンクの「パイレーツバスター Doc」は、ファイルに対して編集や印刷などの利用制限を付与して暗号化し、第三者による情報漏えいを防止するファイル権限管理(Information Rights Management:IRM)ソフトウェアである。セキュリティポリシーなどを設定した「ポリシーサーバ」と、クライアントPCにインストールされたソフトウェアが通信することで、この仕組みを実現している。

 対象となるファイル形式は、Word、Excel、PowerPoint、一太郎、PDF、テキスト、CSV、画像、動画である。これらのファイルに対して利用権限(閲覧、印刷、編集、複製、保存の可否)を付与して、権限以外の利用を禁止する。ファイルには利用期間や利用期限も設定可能。この期間や期限を過ぎればファイルを一切利用できなくなる。

 クライアントPCにインストールするのは「User Manager」「Data Locker」「Folder Locker」「Secure Viewer」。User Managerは、システム管理者がセキュリティポリシーを設定し、管理者や利用者を設定するためのソフトウェア。

 Data Lockerは暗号化ファイルを管理し、Folder Lockerは自動で暗号化するフォルダを作成する。暗号化されたファイルはSecure Viewerで閲覧できる。社外でファイルを利用するには、ポリシーサーバにアクセスできる環境が必要になる。

 ファイルの利用権限は、ポリシーサーバで一元管理する。部署や役職単位で利用権限を設定することも可能だ。

 フォルダ単位で利用権限を設定する機能もある。あらかじめ印刷や保存などの利用権限を付与した「自動暗号化フォルダ」を作成しておくと、そのフォルダにファイルを移動、複製するだけで、自動的に利用権限が付与した上で暗号化する。

 エンドユーザーがファイルを開く際にはポリシーサーバと通信して認証する。正規ユーザー以外はファイルを利用できない。ファイルが流出した場合も、権限がない第三者はファイルを開くことができない。

 暗号化したファイルは通常のファイルと同じように、Microsoft OfficeやAdobe Readerなど作成元のアプリケーションで利用可能。自分に付与されていない利用権限のメニューやキー操作が使えないだけで、操作自体は通常のファイルと同様だ。

パイレーツバスター Docのシステム構成
パイレーツバスター Docのシステム構成
パイレーツバスター Docの概要
用途と機能第三者による情報漏えいを防止するIRMソフト
特徴ファイルに閲覧、印刷、編集、複製、保存の可否を付与できるセキュリティ制限を付与する。部署や役職単位で利用権限を設定することも可能
動作環境【ポリシーサーバ】
OS:Windows Server 2008/2012、Linux(指定のJava、Tomcat、データベースが動作する環境)
ミドルウエア:Tomcat Java SE 7.0/8.0、Tomcat 7.0/8.0
データベース:Microsoft SQL Server 2005/2008/2012/2014、MySQL 5.0/5.1/5.5/5.6
税別価格基本パッケージ:50万円(別途ユーザーライセンスが必要)、ユーザーライセンス:30~99人の場合は1ユーザーあたり1万円、5000人以上の場合は5000円

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan