PaaS RDBMS 日本オラクル

アイデム、クラウド版Oracle DB採用--無償のアプリケーション開発機能を活用

総合人材情報サービスを提供するアイデムは、迅速なアプリケーション開発を目的に「Oracle Database Cloud Service」の採用を決めた。無償でバンドルされるアプリケーション開発機能を活用する。

 求人広告や求人情報など総合人材情報サービスを提供するアイデムは、迅速なアプリケーション開発を目的にPaaSを2015年11月に採用した。日本オラクルが4月7日に発表した。

 アイデムはこれまで、オンプレミスの「Oracle Database」上に構築したシステムでデータを集計、分析してきたが、さまざまな切り口で分析できるアプリケーションを迅速に社内で開発できる環境を構築することが求められていたという。同社の中核事業のひとつであるインターネット求人広告の分野では、より精度の高いターゲティングやマッチングへのニーズが高く、アクセスログやユーザーの行動履歴などの大量のデータを今まで以上に迅速に集計、分析できるシステムの構築が急務とされていた。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan