ファイル共有

HOGO:印刷可否や閲覧期限などを設定できるファイル共有サービス

 HoGoの「HOGO」は、デジタル著作権管理(Digital Rights Management:DRM)を利用することで、PDFやWord、Excel形式のファイルにセキュリティ制限を付与できるファイル共有サービスである。ファイルを閲覧するには、専用ソフトウェア「HOGOビュアー」または「Adobe Reader」のプラグインをインストールする必要がある。HOGOビュアーは、Windows、Mac、iOS、Android向けがある。

 ファイルを送信する際は、HOGOにファイルをアップロードし、送信先やセキュリティ制限、送信方法を指定すると、相手にファイルが届けられる仕組みだ。

 ファイルの送信方法は、(1)HOGOビュアーに直接ファイルを送信する「直接送信」、(2)ファイルを閲覧するためのURLをメールやウェブサイトで配布する「ウェブリンク」、(3)ファイルをダウンロードするためのURLをメールやウェブサイトで配布する「Adobe Readerで閲覧」――の3種類がある。(1)では、受信者に対してメールで文書が送られたことが通知される。

 付与できるセキュリティ制限は、印刷の可否、閲覧期限(直接送信とウェブリンクの場合)、受信者がファイルを同時に保存できる端末の台数、ダウンロードの可否(ウェブリンクのみ)、パスワードによる認証(ウェブリンクのみ)――である。ダウンロード済みの文書は、インターネットに接続されていない環境でも閲覧できる。

 ポイント制の利用料体系を採用している。1つのファイルを1人に配信するのを1ポイントとして、1カ月に5ポイントまでは無償である。

ファイルを送信する際のウェブ画面
ファイルを送信する際のウェブ画面(HoGo提供)
HOGOの概要
用途と機能PDFやWord、Excel形式のファイルにセキュリティ制限を付与できるファイル共有サービス
特徴印刷可否や閲覧期限、パスワードによる認証、同時に保存できる端末台数などのセキュリティ制限を付与できる
税別価格Basic(20ポイント):月額2000円、Plus(50ポイント):月額5000円、Super(300ポイント):月額1万円

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan