クラウドストレージ ファイル共有 NTTコミュニケーションズ

Box over VPN:BoxとVPNがセットになったファイル共有SaaS--社外でも接続可能

ファイル共有サービスの「Box over VPN」は、VPN上でファイルを共有できる。セキュリティポリシーでパブリッククラウドの利用が禁止されている企業などのニーズに応えられる。

 NTTコミュニケーションズの「Box over VPN」は、同社の仮想私設網(VPN)サービスと、ボックスジャパンのファイル共有サービス「Box」を組み合わせたSaaSである。社内外から安全な環境でファイルを共有できる。

 インターネット環境とは切り離されたネットワークをデータが通るため、重要情報の盗聴や漏えいを防げる。セキュリティポリシーでパブリッククラウドの利用が禁止されている企業などのニーズに応えられる。

 ネットワークは、NTTコミュニケーションズが常時監視する。Boxのサービスも含めて保守対応を一元化できる。画像編集など専用ソフトがないと閲覧できないファイルもプレビューできるようになっている。閲覧だけ、編集も可能というようにユーザーごとにアクセス権限も設定できる。

 VPNサービスは同社の「Arcstar Universal One」を利用する。複数の契約者でバックボーン回線を共有しながら、バックボーン回線上に契約者ごとの仮想的な専用ネットワークを確立するサービスだ。

 契約プランには、「Business」と「Enterprise」の2種類がある。Businessは、利用可能なストレージ容量は無制限で、ファイル1件あたりのサイズは最大5Gバイト、他社SaaSとの連携が1件まで無償。Enterpriseは、Businessで提供するサービスに加え、社外のユーザーライセンスが無償、他社SaaSとの連携が無制限、セキュリティレポート(利用ログなど)の発行などのサービスが追加される。

eco Deliver Expressの画面
Box over VPNのサービスイメージ(NTTコミュニケーションズ提供)
Box over VPN powered by NTT Communicationsの概要
用途と機能BoxとVPNを組み合わせたSaaS
特徴社内外から安全な環境でファイルを共有できる。インターネット環境とは切り離されたネットワークをデータが通るため、重要情報の盗聴や漏えいを防げる
税別価格Business:1IDあたり月額2400円から、Enterprise:1IDあたり月額4980円から

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]