クラウドストレージ ファイル共有 NTTコミュニケーションズ

Box over VPN:BoxとVPNがセットになったファイル共有SaaS--社外でも接続可能

ファイル共有サービスの「Box over VPN」は、VPN上でファイルを共有できる。セキュリティポリシーでパブリッククラウドの利用が禁止されている企業などのニーズに応えられる。

 NTTコミュニケーションズの「Box over VPN」は、同社の仮想私設網(VPN)サービスと、ボックスジャパンのファイル共有サービス「Box」を組み合わせたSaaSである。社内外から安全な環境でファイルを共有できる。

 インターネット環境とは切り離されたネットワークをデータが通るため、重要情報の盗聴や漏えいを防げる。セキュリティポリシーでパブリッククラウドの利用が禁止されている企業などのニーズに応えられる。

 ネットワークは、NTTコミュニケーションズが常時監視する。Boxのサービスも含めて保守対応を一元化できる。画像編集など専用ソフトがないと閲覧できないファイルもプレビューできるようになっている。閲覧だけ、編集も可能というようにユーザーごとにアクセス権限も設定できる。

 VPNサービスは同社の「Arcstar Universal One」を利用する。複数の契約者でバックボーン回線を共有しながら、バックボーン回線上に契約者ごとの仮想的な専用ネットワークを確立するサービスだ。

 契約プランには、「Business」と「Enterprise」の2種類がある。Businessは、利用可能なストレージ容量は無制限で、ファイル1件あたりのサイズは最大5Gバイト、他社SaaSとの連携が1件まで無償。Enterpriseは、Businessで提供するサービスに加え、社外のユーザーライセンスが無償、他社SaaSとの連携が無制限、セキュリティレポート(利用ログなど)の発行などのサービスが追加される。

eco Deliver Expressの画面
Box over VPNのサービスイメージ(NTTコミュニケーションズ提供)
Box over VPN powered by NTT Communicationsの概要
用途と機能BoxとVPNを組み合わせたSaaS
特徴社内外から安全な環境でファイルを共有できる。インターネット環境とは切り離されたネットワークをデータが通るため、重要情報の盗聴や漏えいを防げる
税別価格Business:1IDあたり月額2400円から、Enterprise:1IDあたり月額4980円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan