帳票管理 インフォコム

eco Deliver Express:郵送やファクスとも併用できる帳票配信サービス

ウェブ配信サービスの「eco Deliver Express」は、請求書や納品社などの帳票が対象。紙の場合と比べて、人件費、印刷代、郵送代を大幅にカットできる。相手先の環境によっては郵送やファクスを併用できる。

 インフォコムの「eco Deliver Express」は、請求書や納品書、支払通知書をはじめとする帳票のウェブ配信サービスである。紙の場合と比べて、人件費、印刷代、郵送代を大幅にカットできる。誤送付などによる取引内容の漏えいリスクも下げられる。

 帳票配信をクラウド化する際に最初に大きなハードルとなるのが、取引先のメールアドレスを取得することだという。eco Deliver Expressは、取引先へクラウドサービスへの移行手続きを定期的に案内する「コレクト機能」があるため、スムーズに移行できるとしている。

 具体的には、(1)現在取引先に郵送されている書類にクラウドサービスへのアクセス方法を記載した案内を同封、(2)取引先が案内に記載されたウェブサイトにアクセスし、メールアドレスの入力と電子化の可否を回答、(3)取引先が記入したメールアドレスを配信先情報として利用する仕組みとなっている。

 取引先がウェブ環境に対応していない場合は、郵送やファクスを利用することも可能だ。「ベストアウトプットソリューション」機能を使うと、サービス側でデータの仕分けが可能で、「ウェブ配信+郵送」「ウェブ配信+ファクス」など、送信先のニーズにあわせて最適な出力方法を選択できる。

eco Deliver Expressの画面
eco Deliver Expressの画面(インフォコム提供)
eco Deliver Expressの概要
用途と機能請求書や納品書、支払通知書をはじめとする帳票のウェブ配信システム
特徴紙の場合と比べて、人件費、印刷代、郵送代を大幅にカットできる。誤送付などによる取引内容の漏えいリスクも下げられる
導入企業ツナグ・ソリューションズ、チップワンストップ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan