帳票管理

経理のミカタ:請求や課金を効率化できる請求管理SaaS--取引状況も可視化

請求管理SaaSの「経理のミカタ」は、請求や課金などを効率化できる。請求書の発行や送付作業など、継続的に繰り返される作業を自動化。取引先ごとに決済手段や発送方法を選択できる。

 Cloud Paymentの「経理のミカタ」は、請求や課金などを効率化する請求管理SaaSである。業務フローの改善を図ったり、確実な請求と入金管理で解約率を下げたりといった効果を期待できる。

 請求書の発行や送付作業など、継続的に繰り返される作業を自動化できる。1回登録すれば2回目以降の請求作業は不要になる。取引先各社が希望する請求の周期やタイミングで期日通りに実行する仕組みとなっている。

 取引先ごとに決済手段や発送方法を選択できる。印刷と郵送にも対応しており、承認フローの効率化やコストの削減が見込める。請求漏れや誤請求の不安も解消できる。

 取引状況を見える化するダッシュボード機能もある。顧客別、営業担当者別の売り上げ、売掛金を集計して表示する。取引先ごとの入金予測と実績、入金遅延履歴も見られる。経営分析、与信管理、営業評価などの用途で利用できる。

経理のミカタの画面
経理のミカタの画面(Cloud Payment提供)
経理のミカタの概要
用途と機能請求や課金業務を効率化する請求管理SaaS
特徴業務フローの改善を図ったり、確実な請求と入金管理で解約率を下げたりといった効果を期待できる
導入企業インテリジェンス、損保ジャパン日本興亜、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan