名刺管理

TantCard Gulliver:社内に眠る名刺を安全に共有化できる名刺管理システム

名刺管理システムの「TantCard Gulliver」は、複合機やスキャナから名刺を一括で取り込み、名刺情報を管理できる。CRM/SFAシステムとのデータ連携も可能である。

 下田OAシステムの「TantCard Gulliver」は、企業の中に眠る名刺を安全に共有化する名刺管理システムである。複合機やスキャナから名刺を一括で取り込み、名刺情報を管理できる。

 名刺は1枚単位で共有と非共有を設定できる。所属グループ単位で非公開に設定することも可能だ。名刺は会社単位、営業所単位、事業部単位などでグループ化もできる。

 日報、商談履歴、ステータス管理をはじめとする属性項目をカスタマイズし、名刺情報とひも付けられる。情報にタグ付けをして検索することも可能。

 管理者ツールからデータを入出力できる。年賀状ソフトやラベル宛名書きソフト、顧客関係管理(CRM)や営業支援(SFA)などのシステムとデータ連携させることも可能である。

TantCard Gulliverの概要図
TantCard Gulliverの概要図(大興電子通信提供)
TantCard Gulliverの概要
用途と機能名刺を安全に共有化する名刺管理システム
特徴
税別価格基本パッケージが50ライセンスで150万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「名刺管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]