購買管理 大興電子通信

PROCURESUITE:事務工数を削減できる間接材の調達支援システム--価格も最適化

間接材の調達支援システムである「PROCURESUITE」は、要求元の部署と購買部門、仕入先間をインターネットでつないで購買情報を一元化、見える化することで、調達に関する事務コストを削減し、購買価格を最適化する。

 大興電子通信の「PROCURESUITE」は、工場での工具やオフィスでの事務用品などの間接材の調達支援システムだ。要求元の部署と購買部門、仕入先間をインターネットでつないで購買情報を一元化、見える化することで、調達に関する事務コストを削減し、購買価格を最適化する。

 拠点や部署の購買担当者は、仕入れ先との見積発注業務でさまざまな手段で情報のやり取りをしているのが一般的だ。取引先と紙やメールでやり取りしているケースも多い。取り引きをシステムに一元化することで、購買業務のスピードアップと事務工数の大幅な省力化を見込める。

 消耗品や補修用品などの間接材は、直接材と比べ取り扱う金額規模が小さく、商品種類が多い。同じ商品を拠点によっては異なる単価で購入しているケースも多いため、システム導入により最適な価格で間接材を購買できるようになる。

 クラウド型のシステムなので、サーバの搬入設置やインストールなどの手間が発生しない。システム利用前のマスタ登録作業も必要ない。OA、文具用品などの品目がカタログで提供されるため、部門情報、ユーザー情報、科目コードなど最低限の情報を入力すればシステムを利用できる。

PROCURESUITEの導入前と導入後
PROCURESUITEの導入前と導入後(大興電子通信提供)
PROCURESUITEの概要
用途と機能間接資材の調達支援システム
特徴要求元の部署と購買部門、仕入先間をインターネットでつないで購買情報を一元化、見える化することで、調達に関する事務コストを削減し、購買価格を最適化する
税別価格初期導入費用は100万円から、月額費用は7万円から
導入企業ワコム、フコク、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 標的型攻撃に侵入されている組織は「4社に1社」─衝撃の事実に企業はどう立ち向かうべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]