見積管理

見積デザイナー:見積情報を共有、一元管理する見積管理システム--勝敗も分析

見積管理システムの「見積デザイナー」は見積情報を一元管理するとともに、根拠となる原価情報も管理する。提出した見積もりの勝敗も管理することで勝率の高い見積もりを分析できるすることも可能だ。

 ユニオンシンクの「見積デザイナー」は、見積情報の共有と一元化、勝敗分析を行える機能を備えた見積管理システムである。見積書への自動押印に対応し、基幹システムとのデータ連携にも対応する。

 原価情報の一元管理では、見積情報を全社で一元管理するだけでなく、見積もりの根拠となった原価情報もあわせて管理。改訂履歴も管理できる。勝敗分析機能では、提出した見積もりの勝敗(顛末)を管理することで、勝率の高い見積もりの分析や敗因の分析につなげることが可能。勝率を上げるための戦略に活用できる。

 見積情報管理では、組織を横断して過去と現在の見積もりを検索、比較できるため、多角的な分析ができる。利益率、成約率などの情報から戦略立案を支援する。申し送り連携機能では、見積もり全体や明細単位での申し送りを登録することが可能。組織内の情報連携をサポートする。

 見積依頼機能では、見積もりの依頼から進捗状況までを管理。依頼時や回答時に申し送り事項を付加できる。基幹システム連携では、見積明細(商品)に科目を紐付けて管理し、基幹システムから会計までデータの連携が可能。二重入力の手間とミスをなくせる。

 同社は「デザイナー」シリーズのパッケージ製品としてほかに、業務連携システム「クロスオーバーデザイナー」、ワークフローシステム「業務デザイナー」、経費支払管理システム「経費支払デザイナー」、会計情報システム「経営デザイナー」、固定資産とリース資産管理システム「固定資産デザイナー」を提供する。

見積デザイナーの概要
用途と機能見積もり情報の共有と一元化、勝敗分析を管理する機能を備えた見積管理システム
特徴見積もりの根拠となった原価情報もあわせて全社で一元管理。提出した見積もりの勝敗(顛末)を管理することで、勝率の高い見積もりの分析や、敗因の分析につなげることが可能
サーバ環境OS:Windows Server 2008 R2 SP1以降。データベース:PostgreSQL 9.3
クライアント環境OS:Windows 7 SP1以降。ブラウザ:Internet Explorer 8以降

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan