情報漏えい対策

P-Pointer File Security:ファイル移動の自動化機能も追加したレピカの個人情報検出ソフト

PCやファイルサーバ内に存在する個人情報を含むファイルを検出するだけでなく、検出後に対処する機能も追加している。

 レピカの「P-Pointer File Security」は、同社の個人情報検出ソフト「P-Pointer」シリーズで2016年4月から新たに追加されたソフトウェア。

 PCやファイルサーバ内に存在する個人情報を含むファイルを検出するだけでなく、検出後に対処する機能を追加した。


 PCやファイルサーバ内で検出したファイルを自動で特定のフォルダに移動したり、削除したり、といったフローを管理画面から設定できる。

 検出精度と速度も向上させた。個人情報と思われる単語や数列パターンを含んでいるかどうかを判定するだけでなく、ファイルの保存場所や日時、暗号化の有無といった各種属性など、より絞り込んだ条件でファイルを検出できる。

 参考価格は、PC検索が100ライセンスで60万円(税抜)、ファイルサーバ検索はディスク容量5Tバイト以下で80万円(税抜)としている。従来製品の「P-Pointer」「P-Pointer EXA」の販売も継続する。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 標的型攻撃に侵入されている組織は「4社に1社」─衝撃の事実に企業はどう立ち向かうべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]