ストレージ

なぜフラッシュが必要なのか--仮想化メインストリーム時代のストレージ考

サーバの仮想化はもはや当たり前のことだが、その一方でストレージ、特にハードディスクがシステム全体のボトルネックとなっている。こうした事態を解決するために出てきたのがフラッシュという技術だ。

 エンタープライズIT分野で仮想化はデータセンターに旋風を巻き起こしました。サーバ上で仮想化が実現し、データセンターは自動化が進み、柔軟性や費用対効果の高いインフラストラクチャとなりました。サーバ仮想化は2005年の段階ではわずか2%のみであったものが、現在では70%を超えるワークロードが仮想化されているという報告もあり、ここ10年でのサーバ仮想化の浸透は眼を見張るものがあります。

 ネットワークの仮想化もここ数年で急速に進み始めています。ネットワークのサービスを物理から切り離すことでサービス展開を柔軟に展開することができるようになりました。そしてソフトウェア定義データセンター(Software-Defined Data Center:SDDC)の概念が導入されると、サーバやネットワークを仮想化して統合し、これまでの物理データセンターに比べて圧倒的に効率化が図られ、大規模なコンピューティング環境を少ないスペースで整えられるようになりました。

 このような環境が整い、あらためて考えなければならないことは、データを格納するストレージがサーバやネットワークの仮想化に追随できているのかという点です。

 つまり仮想化がメインストリームになった一方、ストレージはハードディスクドライブ(HDD)のままということです。この連載ではHDDの次のストレージとして「フラッシュ」の可能性を解説したいと思います。

ストレージは大きな後れ

 

 サーバとネットワークに比べるとストレージは大きく後れを取っています。SDDCの一部として採用されたストレージの中には、仮想化が浸透し始める以前からのアーキテクチャをいまだに引きずっています。

 かつてはサーバ1台にストレージ1台の物理的な接続形態を取っており、ユーザーは稼働するワークロードに適したストレージを選択することができていました。しかしながら、仮想化が主流になった今日では、多数のアプリケーションワークロードが同一サーバ上で稼働しており、それらが同時進行でデータの入出力(IO)があります。このような環境において、従来型のストレージでは押し寄せるIOを適切に処理することができないはずです。

従来型ストレージ

 従来型ストレージのデバイスとして、以前から現在においても主流であるHDDは、CPUやメモリと比べると遥かに速度の遅いデバイスです。CPUやメモリは日々高速になっているにもかかわらず、HDDは回転速度の限界を迎えており、スピードに対する進化は難しくなっています。HDD単体での高速化が難しい中、複数のHDDを用意して並列にアクセスすることで性能は向上しますが、そのためにはHDDを大量に配置する必要があります。

残り本文:約3142文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]