マイナンバー 日鉄日立システムエンジニアリング

まもれナンバード:支払調書に特化したマイナンバー管理のアプライアンス

マイナンバー管理のアプライアンス製品である「まもれナンバード」は、報酬を支払う際の会計システムの支払調書作成業務が対象。必要な機能をあらかじめセットアップしたスタンドアロン型のマイナンバー管理専用のノートPCが提供される。

 日鉄日立システムエンジニアリングの「まもれナンバード」は、支払調書に特化したマイナンバー管理のアプライアンス製品である。企業が税理士や講演者などに報酬を支払う際の会計システムのマイナンバー関連帳票(支払調書)作成業務を対象とする。

 必要な機能をあらかじめセットアップしたスタンドアロン型のマイナンバー管理専用のノートPCを提供するので、マイナンバーガイドラインが企業に義務付ける安全管理措置に適応。PCの起動にはUSBキーによる認証が必要なのでセキュリティを確保し、利用者を最小限のマイナンバー担当者に限定できる。

 PC画面上ではマイナンバー記載部分をマスキング表示するため、覗き見や撮影による情報漏えいを防げる。さらに、帳票ごとに設定した保存期間を過ぎるとデータを自動削除するので、削除忘れなどの人的ミスをなくせる。

 収集したマイナンバーのデータを一括登録することも可能。登録したマイナンバーへのアクセスログを保管することでトレーサビリティを確保する。会計債務システムの会計データベースなどから、マイナンバーを含まないデータを取り込んで支払調書の作成に利用できる。

まもれナンバードの機能概要
まもれナンバードの機能概要(日鉄日立システムエンジニアリング提供)
まもれナンバードの概要
用途と機能支払調書に特化したアプライアンス型のマイナンバー管理製品
特徴企業が税理士や講演者に報酬を支払う際の会計システムのマイナンバー関連帳票(支払調書)作成業務を対象とする。必要な機能をあらかじめセットアップしたスタンドアロン型のマイナンバー管理専用のノートPCを提供

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan