電子署名 セイコーソリューションズ

かんたんタイムスタンプ:文書の存在日時を証明するタイムスタンプサービス

タイプスタンプサービスの「かんたんタイムスタンプ」は、文書ファイルなどの存在日時を証明する。文書ファイルとタイムスタンプが電子証明書として埋め込まれたPDFファイルが自動生成される。

 セイコーソリューションズの「かんたんタイムスタンプ」は、文書ファイルなどのデジタルコンテンツの存在日時を証明するタイプスタンプサービスである。

 ブラウザから同サービスのサイトにログインし、文書ファイルを指定すると、文書ファイルとタイムスタンプが電子証明書として埋め込まれたPDFファイルが自動生成される仕組みである。PDF以外のファイル形式も選択可能。ここで生成されるPDFは、電子署名の付与、検証の機能を備える「Adobe CDS(Certified Document Services)」形式である。

 元ファイルは、PDF以外の形式でも対応可能。WordやExcelなどの文書ファイルでも、そのままPDFファイルの中に埋め込まれ、閲覧することも可能だ。

 文書ファイルの流出の可能性をなくすために、クライアントとサイトの間では文書ファイルそのものはやり取りしない。Javaを活用して文書ファイルからハッシュ値を生成し、この数値のみがサイトへ送信される。これを受け取ったサイト側でタイプスタンプを生成し、クライアント側へ返信する。文書ファイルとタイプスタンプが埋め込まれたPDFファイルは、クライアント側で生成する。

 タイプスタンプには、日時の情報に加えて、元の電子データから生成されたハッシュ値、日時を発行したタイムスタンプ局(TSA)の証明書などが含まれる。電子データから改めて生成したハッシュ値とタイムスタンプに含まれているハッシュ値を比較することによって、改ざんの有無を検知できる。

かんたんタイムスタンプのウェブサイト
かんたんタイムスタンプのウェブサイト(セイコーソリューションズ提供)
かんたんタイムスタンプの概要
用途と機能文書ファイルなどのデジタルコンテンツの存在日時を証明するタイプスタンプサービス
特徴ブラウザからサービスにログインし、文書ファイルを指定すると、文書ファイルとタイムスタンプが電子証明書として埋め込まれたPDFファイルが自動生成される
税別価格1カ月に最大20件まで無償。証明回数無制限の「プレミアムサービス」、PDFファイルに対する標準規格であるPDF長期署名(PAdES)に対応する「電子署名サービス」という有償サービスも提供
導入企業(ユーザー)

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]