運用管理 ソフトバンク・テクノロジー 日本マイクロソフト

鹿島建設、2万4000台のクライアント環境を一括管理--SCCMとIntuneを導入

鹿島建設は、グループ会社30社を含む2万4000台のクライアント環境を「System Center 2012 Configuration Manager(SCCM 2012)」と「Microsoft Intune」で一括管理している。

 鹿島建設(東京都)は、日本マイクロソフトの運用管理基盤「System Center 2012 Configuration Manager(SCCM 2012)」とPC管理サービス「Microsoft Intune」を導入し、グループ会社30社を含む2万4000台のクライアント環境を一括管理している。ソフトバンク・テクノロジー(SBT)が3月31日に発表した。

 鹿島は1840年の創業以来、ビルや公共施設、交通インフラなど数多くの構造物を手がけ、日本をはじめ世界中で社会基盤の整備に携っている企業。IT中期方針を策定し、グループ内の情報共有基盤を結合することによって、利便性の向上と運用コストの削減を目指している。クラウドサービスを活用したITインフラ環境の整備を進めている。

残り本文:約382文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan