運用管理 ソフトバンク・テクノロジー 日本マイクロソフト

鹿島建設、2万4000台のクライアント環境を一括管理--SCCMとIntuneを導入

鹿島建設は、グループ会社30社を含む2万4000台のクライアント環境を「System Center 2012 Configuration Manager(SCCM 2012)」と「Microsoft Intune」で一括管理している。

 鹿島建設(東京都)は、日本マイクロソフトの運用管理基盤「System Center 2012 Configuration Manager(SCCM 2012)」とPC管理サービス「Microsoft Intune」を導入し、グループ会社30社を含む2万4000台のクライアント環境を一括管理している。ソフトバンク・テクノロジー(SBT)が3月31日に発表した。

 鹿島は1840年の創業以来、ビルや公共施設、交通インフラなど数多くの構造物を手がけ、日本をはじめ世界中で社会基盤の整備に携っている企業。IT中期方針を策定し、グループ内の情報共有基盤を結合することによって、利便性の向上と運用コストの削減を目指している。クラウドサービスを活用したITインフラ環境の整備を進めている。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan