SIEM ラック

社内構築とサービス利用--SIEMとMSSの“ハイブリッド”運用を考える

「SIEM」の運用方法について、自社構築型とサービス利用型の両方を組み合わせた“ハイブリッド”環境を検討する。大きく4つのパターンに分けられる。

前回に戻る

 前回は、セキュリティ情報イベント管理(Security Information and Event Management:SIEM)の導入を検討するプロセスとして、自社構築型とサービス利用型のメリットとデメリットについて考察した。

 今回は、自社構築型とサービス利用型の両方を組み合わせた“ハイブリッド”環境での運用について、大きく4つのパターンで考えてみる。

パターン1:ネットワークや機器で切り分ける

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1858文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan