電子署名 アマノビジネスソリューションズ

アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T:存在時刻と非改ざん性を証明

タイムスタンプサービスの「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T」は、電子データがある特定の日時に確実に存在しているという「存在証明」と、その日時以降に改ざんされていないという「非改ざん証明」を担保する仕組みである。

 アマノビジネスソリューションズの「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T」は、文書や画像、音声などの電子データに対して、存在時刻と非改ざん性を証明するタイムスタンプサービスである。電子データがある特定の日時に確実に存在しているという「存在証明」と、その日時以降に改ざんされていないという「非改ざん証明」を担保する仕組みである。

 電子データに対して、同社の管理センターから「タイプスタンプトークン」(TST)という電子ファイルを発行する。TSTには、日時の情報に加えて、元の電子データから生成されたハッシュ値、日時を発行したタイムスタンプ局(TSA)の証明書などが含まれる。

 電子データから改めて生成したハッシュ値とTSTに含まれているハッシュ値を比較することによって、改ざんの有無を検知できる。こうした仕組みによって存在証明と非改ざん証明を担保する。

 タイムスタンプは、国際標準規格(ISO/IEC18014、RFC3161)とJIS規格(JISX5063-1)に準拠。TSA証明書は、認証局(CA)のシステムの信頼性や安全性などに関する内部統制「WebTrust規準」の認定を取得したルートCA(セコムトラストシステムズ)から発行されている。

 Type-Tと同様のサービス内容で、仮想専用網(VPN)接続を標準として、毎秒400スタンプの高速発行を可能とした「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-S」も提供する。

タイムスタンプを付与する仕組み
タイムスタンプを付与する仕組み(アマノビジネスソリューションズ提供)
アマノタイムスタンプサービス3161 Type-Tの概要
用途と機能電子データに対して、存在時刻と非改ざん性を証明するタイムスタンプサービス
特徴管理センターから「タイプスタンプトークン」(TST)という電子ファイルを発行。電子データから改めて生成したハッシュ値とTSTに含まれているハッシュ値を比較することによって、改ざんの有無を検知できる
税別価格初期費用:1アカウントあたり6000円、月額利用料:8000円(1000スタンプの利用分を含む)、アカウント管理費用:1アカウントあたり月額500円
導入企業国立印刷局、財務省、ジェイティービー、新日鉄住金ソリューションズ、など(Type-Sの導入企業も含む)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan