電子署名 アマノビジネスソリューションズ

アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T:存在時刻と非改ざん性を証明

タイムスタンプサービスの「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T」は、電子データがある特定の日時に確実に存在しているという「存在証明」と、その日時以降に改ざんされていないという「非改ざん証明」を担保する仕組みである。

 アマノビジネスソリューションズの「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T」は、文書や画像、音声などの電子データに対して、存在時刻と非改ざん性を証明するタイムスタンプサービスである。電子データがある特定の日時に確実に存在しているという「存在証明」と、その日時以降に改ざんされていないという「非改ざん証明」を担保する仕組みである。

 電子データに対して、同社の管理センターから「タイプスタンプトークン」(TST)という電子ファイルを発行する。TSTには、日時の情報に加えて、元の電子データから生成されたハッシュ値、日時を発行したタイムスタンプ局(TSA)の証明書などが含まれる。

 電子データから改めて生成したハッシュ値とTSTに含まれているハッシュ値を比較することによって、改ざんの有無を検知できる。こうした仕組みによって存在証明と非改ざん証明を担保する。

 タイムスタンプは、国際標準規格(ISO/IEC18014、RFC3161)とJIS規格(JISX5063-1)に準拠。TSA証明書は、認証局(CA)のシステムの信頼性や安全性などに関する内部統制「WebTrust規準」の認定を取得したルートCA(セコムトラストシステムズ)から発行されている。

 Type-Tと同様のサービス内容で、仮想専用網(VPN)接続を標準として、毎秒400スタンプの高速発行を可能とした「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-S」も提供する。

タイムスタンプを付与する仕組み
タイムスタンプを付与する仕組み(アマノビジネスソリューションズ提供)
アマノタイムスタンプサービス3161 Type-Tの概要
用途と機能電子データに対して、存在時刻と非改ざん性を証明するタイムスタンプサービス
特徴管理センターから「タイプスタンプトークン」(TST)という電子ファイルを発行。電子データから改めて生成したハッシュ値とTSTに含まれているハッシュ値を比較することによって、改ざんの有無を検知できる
税別価格初期費用:1アカウントあたり6000円、月額利用料:8000円(1000スタンプの利用分を含む)、アカウント管理費用:1アカウントあたり月額500円
導入企業国立印刷局、財務省、ジェイティービー、新日鉄住金ソリューションズ、など(Type-Sの導入企業も含む)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan