マイナンバー ミロク情報サービス

MJSマイナンバー:業務システムから完全独立したマイナンバー管理システム

マイナンバー管理システムの「MJSマイナンバー」は、特定個人情報保護委員会によるガイドラインに準拠しており、「オンプレミス型」と「クラウド型」のほか、登録と管理を代行するBPOを用意する。

 ミロク情報サービスの「MJSマイナンバー」は、特定個人情報保護委員会によるガイドラインに準拠したマイナンバー管理システムである。自社内のサーバで運用する「オンプレミス型」とクラウドのサーバで運用する「クラウド型」のほか、登録と管理を代行するBPOを用意する。

 完全に独立した管理システムなので、業務システム上にマイナンバーを保持することなく登録、印刷、参照できる。マイナンバーの登録、保管、利用、削除に関わる管理者権限や利用者権限を設定することでセキュリティを確保する。

 業務アプリケーションの個人マスタと連携し、源泉徴収票などに必要な扶養親族のマイナンバーを含めて従業員のマイナンバーを一括登録。従業員自身が、本人確認書類などを添付してマイナンバーを仮登録し、本部部門で内容確認した上で本登録するといったこともできる。

 削除予定日を参照して削除すべきマイナンバー情報の件数をアラート表示するため、うっかりミスによる削除漏れを防げる。登録、参照、印刷など業務システムからマイナンバーへのアクセス履歴を記録するので、誰がどのシステムで何をしたかが管理者権限で詳しく確認できる。

 同社の給与システムや税務システムと連携させることにより、源泉徴収票や支払調書などを印刷する際にも、従来のワークフローを変えずにマイナンバー情報を参照、利用できる。業務システムからマイナンバーへのアクセス権限を、ユーザー単位で設定したり、利用履歴を記録したりすることもできる。

 登録と管理代行のBPOでは、マイナンバーを収集する方法として、郵送による収集とスマートデバイスを活用した収集の2つを用意する。漏えい対策として、マイナンバー収集対象者の個人情報とマイナンバーのデータを分離して管理。住所などマイナンバー収集対象者の個人情報は、マイナンバーを収集した後で速やかに削除する。

MJSマイナンバーの概要
用途と機能特定個人情報保護委員会によるガイドラインに準拠したマイナンバー管理システム
特徴完全独立型の管理システムなので、業務システム上にマイナンバーを保持することなく登録、印刷、参照できる。自社内のサーバで運用するオンプレミス型とクラウドのサーバで運用するクラウド型のほか、登録と管理を代行するBPOを用意する
税別価格オンプレミス版のスタンドアロン版は10万円から、LAN版は20万円から。クラウド版は初期費用が3000円、月額費用(1法人、従業員50人未満)が2000円から
発表日2015年6月15日

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan