SFA NTTデータ ビズインテグラル

Biz∫CRM/SFA:設備をまたがった人もターゲットにできるCRM/SFA

CRM/SFAパッケージの「Biz∫CRM/SFA」は、「顧客」を「アカウント」と「コンタクト」に分離し、それぞれの関係を定義可能なデータ構造を採用。人が設備をまたがるケースでも、正確に管理することが可能になっている。

 NTTデータ ビズインテグラル の「Biz∫CRM/SFA」は、同社の基幹システム基盤「Biz∫AFP」の上で動作する営業支援(SFA)と顧客関係管理(CRM)のパッケージ製品である。Biz∫AFPは、ウェブシステム開発基盤「intra-mart」をベースとしたサービス指向アーキテクチャ(SOA)構成の基盤ソフトである。

 Biz∫CRM/SFAは、活動計画、実績管理、キャンペーン管理、ToDo管理、案件管理、販売計画管理、顧客管理などの機能を提供。「顧客」を「アカウント(企業、店舗といった設備)」と「コンタクト(人)」に分離し、それぞれの関係を定義可能なデータ構造を採用している。このため、1人の店長が複数の店舗を兼務しているようなケースでも、設備と人への接触状況を正確に管理することが可能になっている。

 営業担当者の情報入力の負担を軽減するために、多様な情報登録機能を備える。PCやスマートフォン、携帯電話の電子メールから定型文を登録する機能を搭載することに加えて、「Googleカレンダー」(スケジュール)やNTTデータイントラマートのグループウェア「イントラネット・スタートパック」(スケジュールとToDo)との連携機能を備える。

 オープンソースの全文検索エンジン「Apache Solr」をベースとした高速検索エンジン「IM-ContentsSearch」を標準で装備。Biz∫CRM/SFAで管理する情報に対して、全文検索を実行することが可能だ。

Biz∫CRM/SFAの利用シーン
Biz∫CRM/SFAの利用シーン(NTTデータ ビズインテグラル提供)
Biz∫CRM/SFAの概要
用途と機能SFAとCRMが組み合わさったパッケージ製品
特徴「顧客」を「アカウント(企業、店舗といった設備)」と「コンタクト(人)」に分離し、それぞれの関係を定義可能なデータ構造を採用
税別価格顧客管理(顧客管理、検索機能他SFAに必須モジュール):50ユーザーあたり150万円(コンサルティング、カスタマイズ費などは含まず)
導入企業NTTデータMSE、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan