SFA NTTデータ ビズインテグラル

Biz∫CRM/SFA:設備をまたがった人もターゲットにできるCRM/SFA

CRM/SFAパッケージの「Biz∫CRM/SFA」は、「顧客」を「アカウント」と「コンタクト」に分離し、それぞれの関係を定義可能なデータ構造を採用。人が設備をまたがるケースでも、正確に管理することが可能になっている。

 NTTデータ ビズインテグラル の「Biz∫CRM/SFA」は、同社の基幹システム基盤「Biz∫AFP」の上で動作する営業支援(SFA)と顧客関係管理(CRM)のパッケージ製品である。Biz∫AFPは、ウェブシステム開発基盤「intra-mart」をベースとしたサービス指向アーキテクチャ(SOA)構成の基盤ソフトである。

 Biz∫CRM/SFAは、活動計画、実績管理、キャンペーン管理、ToDo管理、案件管理、販売計画管理、顧客管理などの機能を提供。「顧客」を「アカウント(企業、店舗といった設備)」と「コンタクト(人)」に分離し、それぞれの関係を定義可能なデータ構造を採用している。このため、1人の店長が複数の店舗を兼務しているようなケースでも、設備と人への接触状況を正確に管理することが可能になっている。

 営業担当者の情報入力の負担を軽減するために、多様な情報登録機能を備える。PCやスマートフォン、携帯電話の電子メールから定型文を登録する機能を搭載することに加えて、「Googleカレンダー」(スケジュール)やNTTデータイントラマートのグループウェア「イントラネット・スタートパック」(スケジュールとToDo)との連携機能を備える。

 オープンソースの全文検索エンジン「Apache Solr」をベースとした高速検索エンジン「IM-ContentsSearch」を標準で装備。Biz∫CRM/SFAで管理する情報に対して、全文検索を実行することが可能だ。

Biz∫CRM/SFAの利用シーン
Biz∫CRM/SFAの利用シーン(NTTデータ ビズインテグラル提供)
Biz∫CRM/SFAの概要
用途と機能SFAとCRMが組み合わさったパッケージ製品
特徴「顧客」を「アカウント(企業、店舗といった設備)」と「コンタクト(人)」に分離し、それぞれの関係を定義可能なデータ構造を採用
税別価格顧客管理(顧客管理、検索機能他SFAに必須モジュール):50ユーザーあたり150万円(コンサルティング、カスタマイズ費などは含まず)
導入企業NTTデータMSE、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]