ドローン

ドローン市場は104億円、2020年に1138億円に拡大 --インプレス総研

インプレスは3月29日、ドローンビジネスに関する調査結果を発表した。2015年度の日本国内のドローンビジネスの市場規模は104億円と推測され、2016年度には前年比191%の199億円に拡大、2020年度には2015年度の約11倍となる1138億円に達すると見込まれるという。

 インプレスは3月29日、ドローンビジネスに関する調査結果を発表した。2015年度の日本国内のドローンビジネスの市場規模は104億円と推測され、2016年度には前年比191%の199億円に拡大、2020年度には2015年度の約11倍となる1138億円に達すると見込まれるという。

国内のドローンビジネス市場規模の予測
国内のドローンビジネス市場規模の予測(インプレス提供)

 本書では、ドローンビジネス市場を以下の3領域で分析している。

・機体市場:業務用(軍事用は含まない)の完成品機体の国内での販売金額

・サービス市場:ドローンを活用した業務の提供企業の売上額

 ただし製品やサービスの一部分でのみドローンが活用される場合はその部分のみの売り上げを推計、公共団体や自社保有のドローンを活用する場合は外部企業に委託した場合を想定して推計した

・周辺サービス市場:バッテリーなどの消耗品の販売額、定期メンテナンス費用、人材育成や任意保険

 この分野別でみると、2015年度はサービス市場が61億円と58.6%を占めており、機体市場が33億円(31.7%)、周辺サービス市場が10億円(9.6%)となった。今後は各市場とも拡大が見込まれており、2020年度においては、サービス市場が678億円(2015年度比約11倍)、機体市場が240億円(2015年度比約7倍)、周辺サービス市場が220億円(2015年度比22倍)に達すると予測している。

 調査はドローン関連ビジネスを展開する企業やキーマンなど25社以上を取材して導き出した結果という。

ドローンビジネスのサービス市場における分野別内訳
ドローンビジネスのサービス市場における分野別内訳(インプレス提供)

 このうちサービス市場では、現在、農薬散布や空撮など一部の市場が確立しているが、今後、測位技術(屋内含む)や群制御技術などドローン関連技術の開発・研究・実用化が支えとなり、橋梁等の検査や測量、精密農業、物流、その他(防犯監視など)のさまざまな分野でドローンが活用されることが見込まれる。また周辺サービス市場は、機体の稼働台数に比例する形で、保険やメンテナンス市場が拡大していくと予想されている。

ドローンビジネス市場のロードマップ
ドローンビジネス市場のロードマップ(インプレス提供)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan