IAサーバー IDC Japan

x86の単価上昇が押し上げた2015年のサーバ市場--IDC調査

IDC Japanは3月28日、2015年通年の国内サーバ市場動向を発表した。それによると、2015年の国内サーバ市場規模は5070億円で、前年から7.3%増加し、2009年以降では最も高い出荷額となった。

 IDC Japanは3月28日、2015年通年の国内サーバ市場動向を発表した。それによると、2015年の国内サーバ市場規模は5070億円で、前年から7.3%増加し、2009年以降では最も高い出荷額となった。また出荷台数は、前年比2.0%減の56万2000台となった。

 2015年第4四半期(10~12月)では、2015年第4四半期のサーバ出荷額は前年同期比10.5%減の1199億円、出荷台数は前年同期比8.9%減の13万台となった。


国内サーバ市場の推移: 2005年~2015年(IDC提供)

 2015年通年の国内サーバ市場を製品分野別でみると、x86サーバが前年から出荷額を増やしている一方、メインフレームやその他のサーバの出荷額はマイナス成長となった。出荷台数では全ての製品分野が前年比マイナスで、x86サーバの出荷台数がマイナス成長となったのは6年ぶり。新規需要による増加に比べて、サーバ集約による減少が大きかったとみられる。なお、2009年の国内サーバ市場は、リーマンショックの影響により前年に比べ出荷額・出荷台数ともに落ち込んでいた。

 また、2015年第4四半期の傾向も同様で、出荷額では、x86サーバが前年同期比で2桁のプラス成長となった一方、メインフレームやその他のサーバは大幅なマイナス成長。x86サーバの出荷額は平均単価の上昇により前年同期比で14四半期連続のプラス成長となった一方、出荷台数はマイナス成長だった。

 同社エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの加藤慎也氏は、以下のようにコメントしている。

残り本文:約719文字 ログインして続きを読んでください。

「IAサーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]