ワンタイムパスワード 警察庁

ワンタイムパスや電子証明書利用でもネットバンキング被害 --警察庁調査

警察庁は3月3日、2015年に発生したインターネットバンキングの不正送金事犯の発生状況について公表した。それによると、ウイルスやフィッシングによると認められるものを集計した結果、発生件数は1495件、被害額は約30億7300万円となった。

 警察庁は3月3日、2015年に発生したインターネットバンキングの不正送金事犯の発生状況について公表した。それによると、ウイルスやフィッシングによると認められるものを集計した結果、発生件数は1495件、被害額は約30億7300万円となった。

(警察庁提供)
(警察庁提供)

 2015年におけるインターネットバンキング不正送金の特徴は以下の通り。

  • 法人口座被害が増加し、被害額が過去最悪を記録
  • スマートフォンなどにSMSを送信して偽サイトに誘導するフィッシングを初めて確認
  • 信金・信組、農協・労金に被害が拡大(被害額の内訳は、都銀等47.1%、地銀19.5%、信金・信組30.6%、農協・労金2.8%)、特に信用金庫の法人口座被害が急増
  • 不正送金先口座は、中国人名義のものが約6割
  • 被害口座名義人の多くがセキュリティ対策を未実施。ただし、個人では9.7%がワンタイムパスワードを、法人では17%が電子証明書を、それぞれ利用していた

(警察庁提供)

 こうした事犯に対する警察庁の取り組みとしては、口座売買などの関連事件97事件・160人を検挙したほか、中継サーバ事業者の一斉取締りやネット専業銀行に対する送金先口座対策要請などを通じて、不正送金事犯に係る犯罪インフラ対策を推進している。

 また、不正送金ウイルス対策による被害拡大防止措置の実施策として、外国捜査機関と連携したウイルス通信先サーバの停止や、ウイルス無害化措置による被害拡大防止対策も実施している。

 警察庁では今後、下記の取り組みを進めていくとしている。

残り本文:約85文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan